1. TOP
  2. できちゃった結婚は後悔する?離婚率と人に言えない6つの離婚理由

できちゃった結婚は後悔する?離婚率と人に言えない6つの離婚理由

 2016/12/15 結婚・夫婦
この記事は約 8 分で読めます。

できちゃった結婚を後悔したリアルな理由とは?

男女のリアルな理由

男女どちらにも後悔した理由があります。
男性編・女性編とを分けて、見ていきましょう。

男性編

妻の事を良く知らない

「お互いのことを良く知らないままに、子供ができたから結婚した。」なんていうのはよくある話。

会って間もないけど、子供ができたから責任をとらなくちゃいけない!という責任感だけで結婚しても、人生のパートナーとなる人のことを良く知らなければ、長い結婚生活はうまくいきません。

妻の態度が急変

妊娠・出産時は、女性ホルモンが安定せず、イライラしがち。

結婚したばかりだと、そんな妻の気持ちを受け止めきれず、男性側もどうしていいのかわからなくなり、だまされたという気持ちになるようです。

ラブラブする期間が短い

子供ができると、女性は旦那より子供優先になる傾向にあります。
でき婚から出産までの期間が短く、ラブラブできる生活が短いと嘆く男性も多いでしょう。

妊娠後期の性交はともかく、産後も子供の世話で性交から離れ、セックスレスに陥る夫婦も少なくありません。

セックスレスは離婚の原因になるので、セックスを拒否られた男性は、結婚した意味を問うでしょう。

浮気心がある

本当はまだ落ち着きたくなかったのに、でき婚で仕方なく結婚してしまった。
こういう男性は、浮気心があり、魅力のある女性がいればすぐに浮気をします。

「浮気は男の甲斐性」と言われますが、子供がいるという自覚を少しはもってほしいです。

結婚した自覚がもてない

特に同棲を長くしていた方にある特徴ですが、子供ができたことを理由に結婚に踏み切ったけれど、結婚が同棲の延長にあるようで、何も環境が変わっていないことに結婚の自覚をもてずにいます。

本当に相手のことが好きだったのか?と自問自答することがあるようです。
子供が産まれて、生活がガラリと変わると、結婚が同棲とは違うことに気が付かされ、こんなはずではなかったと後悔することがあります。

妻を養う器量や収入がない

結婚する予定など更々なかったのに、子供がきっかけで成り行き婚をしてしまった男性。
自分のやりたいことや収入が安定してないうちに結婚すると、あらゆる面で妻から束縛をされ、窮屈感を感じてしまいます。

女性編

子供をおろす勇気がもてなかったから

自分のお腹に新しい生命が宿っていると知った時。この人で本当に良いのか?と不安は感じたが、それ以上に自分の体を傷つけ、命を消すことが考えられなかったから、できちゃった婚を決心した。

後に、やっぱりこの人とするべきではなかったと後悔することがあるようです。

他に気になる人/好きな人がいた

他の男性の存在があるのに、子供を理由に結婚する。
ちょっと浅はかな考えだと思われますが、こういう事が世間ではよくある話です。

結婚後も過去の事を引きづって、後ろ髪を引かれる思いに捉われることがあります。
1度決めた相手・そして子供と一緒に、前を向いて歩いていくのが良いでしょう。

いつまでも誰かのことを思っての生活はつらいものです。

夢/やりたい事を諦めた

結婚・妊娠・出産を機に、女性の人生は変わります。

「キャリアアップを図りたい。」「海外に留学したい。」などの夢は、子供ができると、思い通りに進めることはできなくなります。
もちろん子育てしながら、子供が成長してから再チャレンジすることは可能です。

しかし独身時代と比べたら、自分だけの為に全力投球するのが難しくなります。

 できちゃった結婚の離婚率は?

離婚 イメージ

結婚率の割合&でき婚離婚率統計

2015年度の婚姻件数は、63万5000件であり、婚姻率は51%。
そのうち、できちゃった結婚の割合は、全体の25%程度になります。

厚生労働省の統計によると、

10代(15~19歳)81.7%

20代前半(20~24歳)58.3%

20代後半(25~29歳)19.6%

30代前半(30~34歳)10.9%

35歳以 10.3%~

という数字になります。

できちゃった結婚の特徴は、10代の若い女性達が圧倒的に多く、次いで、20代前半の若い女性が全体の半数以上と、若い世代が目立ちます。

結婚率とは別に、離婚率を調べてみると、19歳以下の離婚率は58%であり、半分以上の夫婦が離婚しています。
更に10代のでき婚夫婦は、結婚後5年以内に離婚する率が80%という結果です。

このように、若気の至りから始まる結婚は、長くは続いていないのが現状です。
次に多いのが、20代前半で、離婚率が42%程度になります。

でき婚30代の離婚率は?

平均結婚年齢が30歳前後であることから、そろそろ結婚しようかと思っていた時に妊娠が発覚する方も多いようです。

30代のでき婚から離婚までの確率は、正確なデータがでていないのでわかりかねますが、30代(子供がいる離婚)の統計データは、30~34歳が60%。35~40歳が68%になります。

上記の30代できちゃった結婚率からわかるように、男性も女性も経済的に安定し、結婚への覚悟もしっかりとできている年齢なので、安易に結婚には至らないのが現状です。

できちゃった結婚というより授かり婚という言葉が適切なのではないでしょうか?

 できちゃった結婚に多い人に言えない離婚理由とは?

不仲な男性と女性

結婚生活が長続きしない理由は様々。
無計画に結婚してしまうと本当に後悔することになります。離婚は結婚する時以上に精神的にストレスが溜まるもの。

まわりに相談できない、人に言えない離婚理由を見てみましょう。

旦那による暴力/ドメスティックバイオレンス

近年の家庭内暴力(DV)による被害は深刻になっており、DV被害にあっても逃げられない女性が多くいます。

付き合った期間が短く、相手のことを良く知らないままに結婚すると、DV癖があった男である場合があり、できちゃった結婚に多い離婚理由の一つです。

加害者は、ひどい肉体的暴力や精神的暴力を加えられると、正常な思考能力がなくなり、逃げ場を見失ってしまう精神状態に陥ります。

少しでもDVかな?と感じたら、1人で抱え込まずに、両親や友人、警察に助けを求め、事実を表面化させるのが問題解決につながります。

子供の為を思うなら、DVがエスカレートしてきた時点で離婚するのが良いでしょう。

借金があった

借金の事実を知らないまま結婚。結婚後に知る衝撃的な事実は、ショックが大きいですよね。

男性/女性に言えますが、共に生活を送る以上、借金の返済に追われたり、節約生活をしたりするなど、幸せな結婚生活を送るにはほど遠くなります。

まして子供もいるとなると将来に不安が募るでしょう。
お金にだらしない男性/女性は、他のことにもだらしない傾向があります。

借金に向き合わず、だらだらしている人とは、即離婚するようにしましょう。

モラルハラスメント

モラルハラスメントは言葉の暴力です。自由な言動を許さない強制的な言葉や威圧感で、相手を精神的に追い詰める、至って悪どい手段です。

モラハラは、DVと違い身体的危害を加えられないので、表面化するのが非常に難しく、ささないな行動や態度で繰り返し行われる傾向にあります。

モラハラの言動は、自分はおろか、子供の人格形成に影響を及ぼしてしまいます。
パートナーと一緒にいる空間に焦燥感や窮屈感を感じたら、子供と2人で自由になる道を模索しましょう。

浮気

結婚後の浮気は不倫になり、精神的苦痛の慰謝料を相手とその不倫相手に請求することができます。
不倫は泥沼化しやすく、お互いにとっていいことが何一つありません。

相手の信用問題に発展し、今後の生活が難しくなるので、共に生活していくのが難しいでしょう。
浮気発覚時点で離婚を考えるのが良い選択です。

愛情がなくなった

「恋は3年」「愛は4年」といいますが、4年目で離婚をするカップルが多いようです。
お互い愛し愛され続ける為には、お互いを尊重し、相手を理解するように努力をすることが大事です。

それができないほど、コミュニケーションがなく、心がすれ違い、修復不可能だとお互いが気づいた時は、別々の道を歩むのが良いのかもしれません。

セックスレス

出産を機に妻が性交をこばむようになった。もしくは、旦那側が、妻を女性としてみることができない。
など、夜の生活の不一致は、離婚理由に挙げられます。

 できちゃった結婚で離婚を回避する方法は?

自分を見つめなおそう

少しでもでき婚を後悔している思いがある場合は、相手や子供に責任を擦り付けがちになります。
相手がどうだからとかいうのではなく、まずは自分の非を見つけ、改めるようにしましょう。

相手の気持ちを受け入れなければ、相手の気持ちを動かすことはできません。
まずは自分が変わるようにして、徐々に相手の嫌なところを改めてもらうようにしましょう。

子供は2人の愛の証だと思う

結婚の順序がどうであれ、子供は神からの授かりものです。
授かったことへの喜びを胸に、感謝の気持ちをお互い表現し合うようにして、子供を協力して育てていきましょう。

一緒に未来をみて歩く

過去のことを後悔しても意味がありません。
現実を受け入れ、パートナーと一緒に未来を見て歩くようにしましょう。

今後のことをよく話し合いながら、共通の目標を持つようにして、温かい家庭を築いて下さい。

 でき婚でも幸せに暮らしている人はたくさんいます!

でき婚が自分の人生にプラスになるかマイナスになるかは、自分次第です。
予定外の妊娠→結婚→出産は、お互いにとっての環境が目まぐるしく変わるので、始めは苦労の連続かもしれません。

そんな苦労を2人で乗り越えていけるのか?そうでないのか?が結婚生活の課題になります。
結婚がどんな形であれ、一度決めたことには責任をもって、行動していくようにしましょう。

もし結婚生を続けるのが難しいほどの問題があれば、お互いの幸せや子供の幸せの為に、離婚が良い選択になる場合もあります。

どうしても自分だけでは決められない離婚問題は、夫婦の共通の友達や離婚相談のプロに相談し、お互いにとって良い判断を決めてもらうのも一つの方法です。

でき婚は失敗なんかではありません。幸せに暮らしている方もたくさんいます。

子供を授かった結婚は、将来のことをよく考え、子供と3人で幸せになる道を模索していきましょう。

↓ こちらの記事も読まれています ↓

※関連記事 ▶ 産後に夫婦生活が減る原因は?セックスレスを回避する5つの方法!

※関連記事 ▶ 夫婦の危機!妊娠中に離婚したいと思ってしまった時の対処法6つ

 

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、8歳の娘、5歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!