1. TOP
  2. 【妊娠前から出産後】葉酸摂取の必要性と話題の妊活サプリ特集5選

【妊娠前から出産後】葉酸摂取の必要性と話題の妊活サプリ特集5選

妊娠・出産
この記事は約 8 分で読めます。

妊娠中にかかせない栄養素として挙げられるのが「葉酸」です。しかし「葉酸摂取が必要なのは理解しているけど、効果や働きについてはイマイチ・・」という方に。

妊娠希望の方から産後の女性へ、葉酸が与える効果や必要性、そして話題の妊活サプリをご紹介致します。女性だけでなく男性にも摂ってもらいたい理由も合わせて、以下内容にて確認していきましょう。

葉酸の働きとは?4つの効能とその必要性とは?

笑顔の女医さん

妊娠期に重要な葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種です。1941年にほうれん草の葉っぱから発見され、ラテン語由来の元「葉酸」と名づけられました。葉酸の知識として、主な働きと作用については以下のものがあります。

1.良質な赤血球を作り出す働き

赤血球の生成には、鉄分+葉酸、ビタミンB12が必要であり、鉄分だけでは良質な赤血球を作ることができません。この3つの栄養素が合わさることで鍵となる葉酸が、体内の酵素を供給し、赤血球を作り出します。

2.細胞の生産をする

葉酸は、新しい細胞を作り出す働きがあります。体内の代謝に関係があり、たんぱく質や核酸の合成に作用し、細胞の再生を助ける働きがあります。

核酸とは、遺伝子情報の継承と発現を担うDNAやRNAのことです。DNAの働きを正常に保ち、細胞分裂を活発に行う為にも、妊娠前から妊娠期、そして授乳期の女性に必要な栄養素になります。

また、口・胃・腸などの粘膜を再生し、健康な状態に保つ効果があります。口内炎や下痢などの症状がある時は、葉酸を摂るようにしましょう。

3.悪性貧血予防

一般的な鉄分不足による貧血は「鉄欠乏性貧血」と呼ばれますが、貧血の中でも特にたちの悪い「悪性貧血」を予防します。悪性貧血は、葉酸やビタミンB12不足によるもので、赤血球の生成が滞ってしまうことで起こります。

めまい・たちくらみ・頭痛・脱力感・手足のしびれ、鬱症状などが出た時には、十分な睡眠と休憩、葉酸などの栄養素を摂るようにしましょう。

4.ホモシステインを分解し成人病を予防

葉酸の新たな効果として、アミノ酸の一つ「ホモシステイン」を分解し、メチオニンと呼ばれる血液中のコレステロールを下げるアミノ酸に変換する働きがあります。これにより動脈硬化や心臓病、心筋梗塞、脳卒中などの病気のリスクを軽減することが期待されています。

+α.葉酸を摂ると妊娠するというのは本当?

実際、葉酸摂取で妊娠ができるという保証はありません。しかし葉酸を継続的に摂取することで、妊娠しやすい体質を作ることができます。

葉酸の摂取量が十分であれば、厚みのある子宮内膜になり、受精卵を育て、着手を助ける効果があります。また造血ビタミンの葉酸は、良質な赤血球を作り出す働きがあるので、骨盤内の血流を良くしてくれます。

このように赤ちゃんを迎える準備が整うと、妊娠しやすい身体になります。ベビ待ちの方は、夫婦共に積極的に摂るようにしましょう。

 男性にも葉酸が必要?その理由は?

男性 葉酸必要

不妊夫婦の約30%が男性側の原因にあると言われています。女性に葉酸が必要と言われている同様に、男性にも葉酸の摂取が必要です。なぜでしょうか?

葉酸は、精子のDNA細胞の情報やコントロールをうまくいかせる作用があります。それにより夫婦で十分な葉酸を摂取していれば、妊娠する確率が高くなると共に、胎児の神経管閉鎖障害防止やダウン症を防止することができます。

男性の葉酸必要摂取量は、1日240㎍です。女性と比べると半分以下の量になりますが、健康で元気な精子ができるまでに3カ月かかる為、任活の3カ月前から葉酸を意識して摂るようにしましょう。

男性側が一緒に葉酸の摂取を行ってくれることで、妊娠に対するストレスや不安が和らぎ、月経や排卵周期、基礎体温が安定して、妊娠しやすい体になることがあります。妊活に協力するという姿勢が、女性を大きく勇気づけてくれます。男性の方も葉酸サプリの摂取で、妊娠する確率を高めていきましょう。

 妊活女性必見!いつから葉酸摂取が必要?

厚生労働省は、妊娠を計画している女性または妊娠の可能性がある女性に対し、1日400㎍の合成葉酸の摂取を推奨しています。妊活中の女性は、着床の確率を高める為に、妊娠計画の1カ月前からの摂取がおススメです。

赤ちゃんにとって一番葉酸が必要だと言える時期は、妊娠4~6週目頃の超妊娠初期にあたり、ママが妊娠を気づき始める時期です。

妊娠が発覚したら、1日480㎍の葉酸を食事または、サプリから摂るようにしましょう。超妊娠初期にあたる赤ちゃんは、脳の視床下部・腎臓・生殖器や心臓が作られる大事な時期です。

スムーズな細胞分裂を促し、正常な妊娠を継続させていく為にも、早めの葉酸摂取が必要になります。

 葉酸の摂取はいつまで必要?またその理由とは?

お腹に手を当てる妊婦さん

葉酸は、妊娠前・初期だけでなく、妊娠中期から後期にかけて。そして産後まで積極的に摂取してほしい栄養素です。

妊娠中期~後期

妊娠中は、血液を通して赤ちゃんに酸素や栄養を送り込みます。その為、葉酸が不足すると、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)を引き起こしてしまう可能性が高い傾向にあります。

中期から後期にかけて約3割~4割の妊婦さんが貧血状態を感じやすいと言われている為、中期以降も引き続き葉酸摂取を行いましょう。妊娠初期は赤ちゃんの為、中期から後期にかけては、母体の健康の為に必要な栄養素になります。

産後(授乳中)~

厚生労働省は、18~49歳の授乳中の女性に、1日340㎍の葉酸摂取を推奨しています。母乳は血液から作り出されている為、赤血球を作り出す葉酸は、授乳中のママにとって重要な栄養素になります。妊娠前から授乳期間が終わるまで、母子共の健康を支えていけるように葉酸を摂りましょう。

 葉酸はサプリからの摂取が効果的!そのワケは?

手に葉酸サプリを出している妊婦さん

葉酸は、ほうれん草やブロッコリー、チンゲン菜などの緑黄色野菜に多く含まれていますが、水溶性ビタミンに属する為、水に溶けやすく熱に弱い性質があります。野菜以外にも豆類や魚介類等からの摂取も可能ですが、食品から1日の摂取量480㎍を摂取することは不可能です。

その為、効率的に1日の摂取量をクリアできるサプリがおススメです。葉酸にも2種類のタイプがあり、「プテロイルポリグルタミン酸」と「プテロイルモノグルタミン酸」に分けられます。

主に植物性食品や動物性食品に含まれる葉酸は、プロテイルポリグルタミン酸であり、天然のものになります。一方のプロテイルモノグルタミン酸は、加工食品など添加されている合成葉酸であり、葉酸サプリなどに使われています。

モノグルタミン酸は、ポリグルタミン酸に比べて、吸収率が高く、身体への吸収率は85%以上になります。これにより、厚生労働省では、モノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しています。

 妊娠に有効な成分が入った話題の葉酸サプリとは?

妊娠の可能性が高まると評判のサプリを飲みたい方へ。実際にその妊娠効果は証明されていませんが、飲んだ後に妊娠したという口コミや評判が多くて人気・話題のサプリをご紹介致します。

【おすすめ】ララリパブリック葉酸サプリ

ララリパブリック葉酸

サプリ大国のアメリカ・フランスで1位を獲得。ララリパブリックは妊活中から産後の授乳期まで、トータルして飲み続けられるように配慮されたサプリになっています。

モノグルタミン酸型葉酸+豊富な食物繊維やポリフェノールをたくさん含んだ国産野菜パウダー使用。鉄分・ビタミン・ミネラルなどの栄養素がバランスよく配合されている為、妊娠する為に必要な身体作りをしていくことができます。妊娠後も続けて飲んでいける点がメリットです。

>>ララリパブリック葉酸サプリの詳細はコチラ

【おすすめ】ベジママ葉酸サプリ

ベジママ

ベジママは妊娠したい女性を応援してくれるサプリです。1日分の葉酸400㎍の摂取はもちろんですが、その他に主成分となる「ピニトール」を配合しています。

ピニトールとは、ビタミンB群の一種であり、アイスプラントやルイボス、大豆などに含まれ血糖を下げる効果があります。欧米では、不妊に効果があることで注目されている成分であり、実際に多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の患者に効果があると実証されています。

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵が遅くなり、男性ホルモンが多いのが特徴です。ピニトールでホルモンバランスを安定させ、妊娠しやすい体を作ります。初回本品50%OFF。全額返品保証つきなので、お試しで飲むことも可能ですよ。

>>ベジママ葉酸サプリの詳細はコチラ

オーガニックレーベル葉酸サプリ

オーガニックレーベル葉酸

オーガニックレーベル葉酸の特徴は、「マカ」や「ザクロ」といった妊娠をする為に良い成分を配合しているので、不妊、妊活中のママにぴったりなサプリです。有効成分「マカ」には、ホルモンバランスを整え、生理不順を改善。そしてマカに含まれるビタミンEが、血流を良くし、身体の冷えを改善する効果を発揮します。

マカは男性のインポテンツ改善効果もあるので、女性と一緒に飲むと良いでしょう。またオーガニックレーベルでは、配合されている成分がすべて天然原料なので、安心して口にすることができます。

>>オーガニックレーベルの葉酸サプリの詳細はコチラ

マカナ

 

オールインワン妊活サプリmakanaマカナ

オールインワン妊活サプリと呼ばれる「マカナ」は、栄養素が豊富なのが特徴です。葉酸を始め、国内マカ・しょうが・スピルリナ・ルイボスティーの5大栄養素と亜鉛・鉄分・カルシウムを含む50種類以上の栄養素を含んでいます。

冷え性対策と酵素除去で、妊娠に最適な環境を作ります。

>>オールインワン妊活サプリ【マカナ】の詳細はコチラ

フルミーマカ

フルミーマカ

国内産のマカ100%を使用!葉酸、しょうがを含んだフルミーマカは、子宮内膜を厚くし、ホルモンバランスを整えながら、妊娠しやすい体に導きます。

>>国産マカといえば【フルミーマカ】詳細はコチラ

 葉酸摂取で毎日イキイキ!

いかがでしたか?

こちらでは、葉酸の必要性にまつわる疑問を取り上げてきました。また、妊活サプリと呼ばれる葉酸サプリも5つご紹介しました。特に、ララリパブリックとベジママは口コミでもかなり評判が良いので、おすすめです。

健康な赤ちゃんを産む為に必要な成分の葉酸は、妊娠前から授乳期までの摂取が好ましくあります。サプリで簡単に葉酸を摂取することができますが、日々の食事からも葉酸を含んだ食品を意識して摂るようにしましょう。

妊活中のママは、ストレスをためずに、あせらずゆっくりと赤ちゃんを迎える準備ができる葉酸サプリを。そして、妊娠中から授乳期のママは、赤ちゃんと自分自身の健康の為に、バランスの摂れた葉酸サプリを摂取するようにして下さい。

女性だけでなく、男性の方も日常的に葉酸を摂るようにするとお互いに良い効果があります。上記の記事をご参考にしながら、夫婦共に葉酸の摂取をおすすめします。

↓ こちらの記事も読まれています ↓

【体験談あり】葉酸サプリのおすすめランキングBEST3を大公開!

葉酸の過剰摂取は危険?身体に与える影響や副作用とは?

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、8歳の娘、5歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!