1. TOP
  2. 子育て
  3. A型?B型?ベビーカーの選び方!2018年人気ランキング1位~5位

A型?B型?ベビーカーの選び方!2018年人気ランキング1位~5位

 2018/05/17 子育て
この記事は約 19 分で読めます。

小さい子供のお出かけマストアイテムといえば「ベビーカー」ではないでしょうか?ベビーカーには、たくさんの種類がありますが、大きく分けるとA型とB型タイプという分け方が出来ます。

今回は、子育ての初期段階から活躍するベビーカーの選び方や人気商品ランキング【2018年版】をご紹介します。その中で、先輩ママの口コミもあわせてご紹介致します。

A型とB型?ベビーカーの必要性と正しい選び方

ベビーカーに乗る赤ちゃん

子供が生まれるとベビーカーは必須だと思われていますが、そもそも本当に必要なのでしょうか?それから、実際に購入を検討する場面で迷うことになる、A型、B型とは何なのか?ベビーカーの正しい選び方について詳しく見ていきましょう。

ベビーカーはそもそも必要?

基本的に、出産後の1か月は余程のことがない限り、赤ちゃんをお外に連れ出すのはNGと言われています。産後1か月経ち、ママの体調も落ち着いた頃になってようやく、赤ちゃんと一緒にお散歩をすることが出来るようになります。

その時に、ベビーカーがあれば買い物に行くにも、お出かけするにも便利です。ただ、ベビーカーがなくても抱っこバンドがあれば外出は出来ます。

実際に、ベビーカーを買ったけどあまり使っていないという人も中にはいます。ですので、もしずっと抱っこしてお出かけするというのであればベビーカーは不要になるでしょう。

ベビーカーは産前に買っておくべき?

ベビーカーを産前に買っておくべきと言う人が多くいます。ですが実は、出産前から用意するのはおすすめできません。

ベビーカーは産後に準備するのがおすすめです。なぜなら、ベビーカーには形や機能などがついたたくさんの種類があり、自分の赤ちゃんに合うタイプを産前に見つけるのは難しいからです。

その時に赤ちゃんと一緒にショップへいって、実際に赤ちゃんを乗せて、使い勝手を見てから購入するのが良い方法です。実際に、産前に買ったベビーカーをあまり使わないまま終わってしまったという方も多いんですよ!

決して安価な商品ではないので、購入を迷われている方は、お試しレンタルで必要性を確かめてみるのも良いでしょう。レンタルのメリット・デメリットについてはこの項の後半でご紹介しますね。

まずは、ベビーカーの型について詳しく見ていきましょう。

A型B型って何?ベビーカーのタイプ何が違う?

ベビーカーの種類がたくさん

ベビーカーには、「A型」「B型」の2種類があります。これは安全基準を定めた規格なので、海外ブランドのネットから商品をお探しの方は、こういった区別がなされていません。

ではA型/B型とはどういうものなのかを以下内容で確認していきましょう。

A型ベビーカーとは?

生後1か月から2才くらいまで使用が可能。首が据わっていない時期から使用ができ、リクライニングの角度の調節が可能です。ママの顔が見えないと不安がる赤ちゃんの為に、ハンドルを切り替えると赤ちゃんと向かい合いながらベビーカーを引いてお散歩することができます。

多様な機能はついていますが、重量があるので、移動は不便である傾向にあります。またB型と比べると若干お値段も高くなります。

B型ベビーカーとは?

生後7カ月以降のお座りができるようになる時期から使用が可能です。リクライニングは110度になっているので、ベビーカーでの寝かしつけはできません。

軽量に作られているタイプが多く、片手で操作が可能なものなど、とにかくコンパクトで、持ち運びがとっても便利であるのが特徴です。外出が多いママにおススメです。

AB型兼用ベビーカーもある

どちらともの機能がほしいという方にはAB型兼用ベビーカー(新基準A型)。A型B型の良いところを組み合わせて作られている為、従来のA型ベビーカーと比べると大きさはB型同様、コンパクトに作られていて、重量も軽くなっています。

他にも、形状は両対面式であったり、リクライニングも180度使用可能というところから、人気があります。気になる価格は、B型よりお高めになっています。

ベビーカーはいつから使用する?

上記でもご紹介した通り、ベビーカーの使用時期はタイプにより異なります。普段車移動で、抱っこ紐を使用しているという方は、B型ベビーカーからの使用で良いと思います。

また産後すぐにお買い物やお出かけをしなくてはいけない。その為に早くからベビーカーが必要な方は、A型またはAB型兼用ベビーカーの使用ということになります。個人のライフスタイルにあわせて、使用時期を決めて下さい。

ベビーカーレンタルのメリット&デメリットは?

ベビーカーは必要?レンタルでも良い?

「月齢が低いうちは、ベビーカーを使用する頻度は少ないけど、ベビーカーがあった方が便利」

「なかなかほしいベビーカーを絞ることができない」

このようなママさんにおススメなのがレンタルです。

レンタルのメリットは、期間を決めて、お試しで使用ができるので、使い勝手が分かること。レンタルの期間によっては、購入するよりお得になること。借りる時と返却時に自宅まで取りに来てくれることです。

最近のレンタル品は、クリーニングが行き届いているので、中古品であっても新品感があり、清潔です。では反対にデメリットは、レンタルしたいブランドの商品が借りられていたりすることやレンタル期間が長くなると、購入するより高額になることが挙げられます。

子供が第一子で、将来的に第二子、三子と検討されている方は、レンタルするより購入してしまった方が、お得になります。

ベビーカーの選び方6つのポイント

メモを取る女性

ここからは、実際にベビーカーを選ぶ際の具体的なポイントを6つご紹介します。操作性や持ち運びの便利さ以外にも、意外なポイントがありますので、よく確認してみてください。

1.場所をとらないサイズのベビーカー

折りたたみ式でコンパクトにまとめられるものであれば狭い玄関でもおいておくことが可能です。家でなくても外でも同じです。交通機関をよく使う方は、コンパクトなタイプが良いと思います。

外に置く場合には、専用のカバーが販売されているものかどうかの確認も併せて行うと良いでしょう。アパートや賃貸マンションによっては、ベビーカー専用のスペースを完備しているところもあるので、場合によっては引っ越しもあわせて検討すると良いかもしれません。

2.簡単操作ができる

開く・たたむが片手で簡単にでき、1人でも楽々乗せることができるものは、とっても便利です。インファント(新生児用)シートが別での設置のベビーカーの場合も、シンプルな操作性かどうかは大きな検討材料になります。

3.動きがスムーズであるもの

購入する際に、キャスターを確認しましょう。4輪キャスターが一般的ですが、3輪キャスタータイプのものもあります。

キャスターの動きが360度滑らかに動くものは、曲がり角などや通りにくい道もラクに動かすことができ、ママのストレスになりません。小回りが利くタイプであるかどうかも確認しましょう。

また、軽い段差などで、クッション性がないと寝ている赤ちゃんが起きてしまう原因にもなります。また、振動がもろに赤ちゃんに伝わると、脳への影響もあるという研究者もいますので、その点も数あるベビーカーを比較する際の重要な基準となるでしょう。

4.重量

当然お出かけの時にベビーカーのほかにも色々な荷物を積んでいるでしょう。子育てをしてみると分かりますが、泣いたりぐずったりして、どうしても我が子を抱くこと場面が出てきます。その時に、ベビーカーの重量が重すぎると何かと不便です。。

例えば、階段に直面した場合などを想定して、片手でも持ち運びができるようなものがベターです。選ぶ際の基準としては欠かせないでしょう。軽いもので、3kg台から、重いものだと10kg前後のものもあります。機能性を重視するとどうしても重量がかさみ増すので、その点要注意です。

5.ニーズにあったもの

首のすわらない時から買い物などお出かけに子供をつれていかなければいけない方も多いでしょう。また、子供の成長段階に合わせて背もたれのリクライニングを調節できるものが良いなとお考えの方はA型タイプのものがおすすめです。

一方で、電車やバス移動が多く、軽くて動きやすいものはB型タイプというように、それぞれのニーズにマッチしたものを選びましょう。まだイメージできないという方は、理想のライフスタイルで考えるとイメージしやすいかと思います。

6.日よけ対策がついているもの

赤ちゃんのデリケートなお肌は、紫外線から守る必要があります。大人の私たちと同じように考えてはいけません。特に、夏場は要注意です。その点、強い日差しから守ってくれるサンシェードがついているものなど、日よけ対策がついているものは、夏でも安心しておでかけすることができます。

【殿堂入り】人気ベビーカー2種の口コミをチェックしよう

とにかく、ベビーカーの人気というと、この2つに分かれます。それが、エアバギー(A型)アップリカベビーカー(B型)です。軽さなど使いやすさで選ぶか、操作性やデザイン性で選ぶか、迷うところですが、実際の口コミはどうなのでしょうか?

エアバギーココA型(三輪ベビーカー)

エアバギーココプレミアA型

口コミ ☆5つ

第一子の時も欲しかったんですが値段に手が出ずでした。そんな中、この度2人目も生まれて以前のベビーカーにストレスを感じていたのもあったのでエアバギーココの購入に至りました。他の人も書かれている通り、スイスイ軽く動いて最高です!

作りがしっかりしているのか15キロの上の子を乗せることもありますが、問題なくスイスイ。

エアータイヤなのでプラスチック製なんて比べものにならないくらい滑らかですしガタガタしません。買い物などにも4輪で子供+荷物一杯のベビーカーに比べてもかなり上回って小回りがききます。

口コミ ☆5つ

片手でスイスイ動かせる機能性が本当に素晴らしいです。身長144cmと小柄で非力な自分にも楽々でした!
3歳になる子供もしっかりと乗れる安定性と強度があります。

そう言えば、まだインファントシートを取り付けていた時、ベビーカーの下に近所のスーパーで買ったビールケース(24缶入り)を2ケース積んで家に持ち帰ったことがありました(もしかしたら重量オーバーだったかも?!汗)。その時でさえ、安定性と機能性は失われなかったので驚きました。

 

アップリカベビーカーB型 マジカルエアープラス

マジカルエアープラスB型

口コミ ☆5つ

2016年バージョンからの買い替えですが、改良されていて押しやすくなりました!以前よりハイシートになっていて夏場に赤ちゃんが地面からの熱を受け過ぎなくなって安心できて満足です!デザインもおしゃれになっていて良い感じですし、なんといってもシートが外せて洗えるので清潔です。

口コミ ☆5つ

商品は実物を見に行っていたので、期待通りでした。走行はスムースで、道路の段差もほとんど普通に通れます。また、とても軽いので畳んで片手で持てるし、下の荷物入れも大きくて良いです。

欠点を挙げるとしたら、おそらくこのシリーズは全てそうですが、日除けは小さいです。完全に防ぎたい場合は別売りのものを買う必要があります。

 

2018年ベビーカー人気ランキング1位~5位

上記で見てきた2つのベビーカーは、特に人気の商品なのでランニングに入れるまでもなくおすすめです!
これから購入を検討の方は検討材料に入れていただきたいところです。

加えて選択肢を増やしていただいたいので、その2つの人気商品以外でおすすめのベビーカーを5つご紹介します。多くの商品から検討したいという方は以下の商品も検討してみて下さい!

Combi メチャカルハンディオートA型

メチャカルハンディオートA型

重さ4.9kgと片手で持ち運びができる軽量タイプ。さらに片手で簡単に操作ができるように開閉がワンタッチでできます。

どんな場所でも小回りがきくように作られた「オート4キャス」。座面に敷いているシートは通気性・吸収性がよいメッシュ素材で、丸洗いが可能なので、清潔にお使いいただくことができます。

 

PigeonランフィA型

ランフィA型

車道と歩道の段差の引っ掛かりを解決するためにタイヤを大きくしスムーズにカーブを周りきれるオート4切り替え。赤ちゃんへの衝撃を和らげるサスペンションを車輪に備えています。軽量タイプでお散歩が楽ちん、使いやすいと大評判です。

 

カルーンプラスハイシートA型

カルーンプラスハイシートA型

赤ちゃんの自然な発育を願って、小児科医・理学療法士が共同開発したハイシートのベビーカー。外の熱やほこりから赤ちゃんを守る高低が53cmに作られ、乗り心地を良くするために屈曲性・耐久性・衝撃吸収にすぐれた素材&形状の3Dサスペッションでスムーズな走行をすることが出来ます。

その他にも日差しや紫外線を防いでくれるカバー付きで、夏場でも快適に過ごせます。

 

ライトトラックスA型(3輪ベビーカー)

ライトトラックスA型

2011年創業イギリスのブランド。赤ちゃんの安全を考えた5点式シートベルトや後輪のブレーキをワンタッチで固定できるリンクブレーキ採用。

大型ですが、簡単に折り畳みができ、片手での操作も可能です。前輪のタイヤは360度回転するので、ストレスフリーで操作ができます。

 

マクラーレン トライアンフB型

トライアンフB型

イギリスの高級ブランドとして名高いマクラーレンは、安定性と安全性がバツグンで、小回りの利きがよいのが特徴です。トライアンフは、セカンドベビーカー(2台目)としての使用になりますが、リクライニングがついています。

スタイリッシュでかっこいいデザイン尚且つおしゃれなので、毎日が楽しくなります。実際に、私の周りにも結構セカンドベビーカーで使っている人は多いです。

 

 ベビーカーで赤ちゃんと一緒に楽しい思い出を作ろう

いかがでしたか?

赤ちゃん時期から幼少期にかけて使用頻度が高いベビーカーは、機能性に優れていて、お出かけ時にストレスを感じないものが良いと思います。
特に、こちらでご紹介した6つの選び方の基準で色々なベビーカーを比較してみて下さい。

高い買い物だからこそ何を最も重視するのか今一度その優先順位を決めましょう。赤ちゃんと一緒に快適なベビーカーライフが楽しめますように!

最後に改めて、A型とB型のベビーカーの中の人気商品をそれぞれご紹介しておきます。
どちらも大人気のロングセラーなのでおすすめです。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、11歳の娘、8歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!