1. TOP
  2. 仕事
  3. 社会復帰への道を拓く!主婦でも稼げる人気の資格11選

社会復帰への道を拓く!主婦でも稼げる人気の資格11選

 2017/03/11 仕事
この記事は約 9 分で読めます。

主婦でも資格があれば再就職は有利になる?

主婦

資格があるのとないのとを比べると、資格があるに越したことはありません。

書類選考の段階で、履歴書に資格取得の記載があるからこそ必要とされる場合もあるでしょう。

国家資格保持者は、資格を持っていることこそが条件で採用となります。

しかし、主婦兼仕事という場合、やはり主人や子供との時間の兼ね合いで、独身の時同様の勤務時間というわけにいかないのが現実。時短勤務を希望する方が多くいます。

自分の希望・要望と会社の条件が合わなければ、資格をもっているからといって、すぐに再就職に結びつかないこともあるでしょう。

時間の折り合いがつかないからといって、最初から諦める必要はありません。

主婦であっても資格&やる気があれば、働けるチャンスはたくさんあり、あなたを必要としてくれる企業がきっと見つかるはずです。

主婦でも稼げる人気の資格11選

社会復帰の後押しをしてくれる資格。

自分にどんな才能があるのか?どんな仕事に向いているのか?主婦になって初めて知る自分。

自分を見つめなおす為にも、資格試験に挑戦していきましょう。

稼げるお仕事資格

1.医療事務

女性に人気で、一生モノの資格になり、年齢に左右されずに安定して長く働けるのが医療事務の魅力です。

専門学校へ行かなくとも、通信教育で学ぶことが出来、資格を取得すれば就職がしやすいので、主婦層からも人気があります。

日本全国、どこにでも医療機関があるので、ご主人の転勤で場所が変わってしまったとしても、割とすぐに就職場所をみつけることができます。

また雇用形態も正社員やパート、アルバイトがあり、フルタイムや午前中だけのパートタイムなど自分の時間の都合に合わせて決めることが可能です。

2.調剤薬局事務

医療事務と同様の分野において女性から人気があり、結婚・出産後も働きやすい資格として人気があります。

調剤薬局事務では、主にレセプトと呼ばれる調剤報酬明細書の作成や保険の確認、受付・会計など、薬剤師をサポートする仕事であり、それと同時に薬に関する法律や保険の仕組みなどを学ぶことができます。

通信教育であれば、4カ月の短期で技能を身に着けることができ、初めてでも無理なく挑戦することができる資格です。

3.介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

高齢化社会を迎え、介護分野は引く手あまたの状態。

介護に携わる人が最低限必要とする知識や技術、介護の考え方を学び、基本的な介護業務を行うことができる資格です。

全国の福祉施設、訪問介護、ヘルパーやデイサービスセンターなどさまざまな場所で働くことができ、パート・アルバイト・正社員など、自分のライフスタイルに合わせて、勤務形態を選ぶことができます。

未経験でも最短で約3週間で資格の取得が可能であり、やる気と意欲があれば取りやすい資格です。

4.介護事務管理士

介護事務では、介護報酬の計算などのレセプト作成、受付、電話対応、スタッフのシフト管理や備品のチェックなど介護事務の全般を担当する仕事です。

介護というと、体力が必要なイメージがありますが、仕事はデスクワークが中心で、安定して長く働けることから主婦層を中心に人気がある職業です。

勤務場所は、在宅介護サービスを行う民間事業者・老人施設・特別養護老人ホーム・訪問看護ステーション・在宅介護支援センター・介護サービス人材派遣や病院・診療所など多岐にわたり活躍する場所があります。

5.ケアクラーク

介護事務をするにあたり必要になる資格。

仕事内容は、介護報酬請求業務や日常的な事務処理、受付業務などのデスクワークが中心になります。

介護事務と違う点は、人間関係(コミュニケーション能力)や老人・障碍者の心理、医学の一般知識といった社会福祉や介護技術の知識や技能が必要になり、介護のエキスパートといった資格になります。

介護事務管理士を取得した後に、キャリアアップを図りたい方におススメです。

6.歯科助手

歯科助手は、歯科医師のアシスタント、治療の準備、治療で使用した器具の洗浄・滅菌、カルテの作成・整理などの事務関連、受付や会計、予約など医院内の幅広い業務全般を担当します。

歯科助手の資格は全国共通である為、どの歯科医院でも通用し、身近な医療機関なので、仕事が探しやすいのが魅力の一つです。

7.保育士

子供達の成長を見守る保育のプロとして一生涯役立つ国家資格で、子供好きな方には、とても楽しくてやりがいのある仕事です。

出産や育児の経験を活かせることができる為、主婦に人気高い資格です。

活躍の場は幼稚園などの保育所に限らず、児童福祉施設やベビーシッター、企業内保育所など、待機児童が増加傾向にある現在に、とてもニーズが高くあります。

試験には、筆記と実技の両方があり、筆記試験の科目数は9科目ありますが、6割以上の得点で合格、合格科目は3年間有効などの規定があるので、主婦をしながら目指しても取りやすい資格になります。

8.栄養士

栄養士は、人間の食を支える大事な仕事。

医療の現場や学校給食、社員・学校食堂の現場、都道府県庁・市町村・保健所・保健センターなどの行政現場、福祉施設の現場、研究・教育機関の現場等で活躍でき、栄養バランス・食材、料理のアドバイス、健康面のサポートなど生きていく上で基本となる重要なことを身に着けます。

栄養士の資格をとることによって、ご家族の方を食でサポートすることができます。

趣味を生かして資格を取得

9.インテリアコーディネーター

素敵な空間・快適な住まいを作る為の提言や助言を行う資格として人気のインテリアコーディネーター。

内装・家具・照明器具・住宅設備などのインテリアが大好きな女性にとって、これらの幅広い知識を学ぶことにやりがいを感じることができます。

10.ネイリスト検定

ネイリスト検定は、1級から3級まであり、3級では、ネイルケア・ネイルアートに関する基本的な技術と知識を学び、2級で、サロンで通用するネイルケア・リペア・チップ&ラップ、アートに関する知識と技術を取得。

1級にて、トップレベルのネイリストになります。

実際にネイルサロンで働くには、2級の資格が必要になります。

スクールでは、フリータイム制のスクールがあり、週1から通えるので、主婦の方でも自分のペースで学ぶことができます。

資格を取得した後は、自分の爪のケアはもちろん、ご友人や知り合いの方を家に招いておこずかい稼ぎといった働き方も可能です。

11.TOEIC

英語で話す・聞く・書くなどのビジネス英語の実力を測る世界共通資格。

英語が趣味な方にとって、スキルアップを図ることは大いに有利です。

スコア600点以上あれば、履歴書に記入することができます。

能力は、通常会話も要点を理解し、応答に支障はない程度の英語力になります。

主婦という利点を生かし、生活を常に英語の環境に作ることもできます。

社会復帰への道 ~資格取得の方法は?~

資格取得方法 勉強

資格の種類は、国が法律に基づいて実施する「国家資格」・民間団体や企業が独自の審査基準を設け実施する「民間資格」・国の基準に基づいた民間技能審査事業認定制度により、省庁から認定を受けている「公的資格」の3種です。

どの資格を目指すかによって、社会復帰への道が近いのか遠いのか、自分の未来が変わります。

資格取得方法を以下にて、みてみましょう。

方法1 スクールへ通う

資格を取得する為に、「専門の学校へ通う」「資格取得スクールへ通う」「養成施設へ通う」という3つの選択肢があります。

スクールへ通う大きなメリットは、市販されている専門書よりも圧倒的にスクールの教材が充実している点。

合格に向けて、本番を想定した答案練習を行ってくれる点。わからないこと(勉強内容や勉強の仕方、ポイント、出題傾向等)をすぐに講師に質問することが出来る点。試験合格の為のスケジュールを立ててくれる点。

資格取得後、スクールの紹介で仕事を探すのが有利になる点が挙げられます。

こういったことによる対価は独学で学ぶより高額になるケースがありますが、資格の種類によっては、スクールに通った方が資格取得の近道へつながる場合もあるでしょう。

方法2 独学で勉強する

独学の最大のメリットは、やはり経済的負担がかからないことです。

市販の参考書や過去問題集を書店で購入したり、、図書館やインターネットなどで情報収集をするなどをしながら、資格取得の為の費用を最低限に抑えることができます。

また、自分のペースに合わせて勉強を進めることができるので、精神的に焦ることなく気軽に始められるのも魅力です。

しかし難易度が高い試験に関しては、やはり専門学校等のスクールに通う方が効率的に勉強ができるので、おススメです。

比較的難易度が高くない資格試験といわれているものに関しては、独学でも十分に合格する可能性があります。

方法3 通信教育

通信教育は場所を選ばない為、時間の制限がある方には、効率的に勉強を進めることができます。

時間の制限の観点でいうと、子育て中の主婦でも自分のペースで進められるのでおススメです。

しかし、独学同様、勉強スケジュール等の自己管理とモチベーションの維持が必要になります。

わからない時はすぐに解決できず、質問手段として、メールやFAXのやりとり、郵送など、時間と手間がかかることがあるでしょう。

手間がかかるからといって、わからないことはわからないままにせず、一つ一つをクリアにしていくことで、資格試験に十分な知識の習得をすることができます。

その為に、しっかりとノウハウのつまった教材で学んでいくことが大事です。

資格取得で自信のある自分に

「主婦の社会復帰は難しい」だなんて思わず、主婦だからこそ、時間をうまく使って勉強することができます。

目標は資格を取得してお金を稼ぐことにあるかと思いますが、チャレンジしているその過程もとても大きな意味があります。

目標が達成された時には、大きな自信につながり、ブランクなど気にすることなく社会へ出ていくことができるでしょう。

学んで損することは絶対にありません!

是非上記の資格をご参考にして、自ら稼げる女性になりましょう。

 

↓ こちらの記事も読まれています ↓

※関連記事: 実録!専業主婦が抱える7つの悩みとは?

※関連記事: 引きこもり主婦の特徴とは?よくある原因と6つの脱出法!

 

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、8歳の娘、5歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!