1. TOP
  2. 結婚・夫婦
  3. シングルマザーの恋愛はあり?なし?人には聞けない7つの本音

スポンサーリンク

シングルマザーの恋愛はあり?なし?人には聞けない7つの本音

 2017/05/30 結婚・夫婦
この記事は約 9 分で読めます。

スポンサーリンク

シングルマザーの恋愛はあり?なし?

恋愛 あり?なし?

結論から言うと、シングルマザーの恋愛が「あり」か「なし」かは自分自身が決めることです。

シングルマザーだからといって恋愛をしてはいけないということは絶対ありません。

なぜなら、女性は皆幸せになる権利があるからです。

離婚という経験から、恋愛には目を伏せ、「もう一生恋愛をすることはないだろう」と否定的になる方もいれば、1人でいる寂しさから、男性を求める方もいます。

しかしこれらは、前者も後者も間違った考えだと言えるでしょう。

恋はするものではなく、気づいたら恋に落ちているもの。
恋愛をする・しないを決めつけることはできないのです。

気付いたら恋していた。そんな時は、目をつぶらずに、時と場合、状況をわきまえながら、恋に臆することなくチャンスを掴んでいくことが大事です。

シングルマザーの恋愛事情!人には聞けない7つの本音とは?

シングルマザーの恋愛

子供・彼氏・自分のトライアングルに立たされたあなた。

恋愛をする・始めるにあたり、友人の経験を元に、人にはなかなか言えないことや聞けないことをまとめました。

1.子供が自立するのを待ってからではダメ?

子供のことを一番に考えているからこそ、子供が自立するのを待ってから恋愛をするべきだとお考えのあなた。

もちろん幸せの形は、あなた自身が決めることなので、今は子育てに専念し、子供が自立してから、縁があればと考えるのは賢明でしょう。

しかし子供が自立する前に、あなたと子供を受け入れてくれる方が現れたら、自立するまでという観念は捨てて、恋愛をしても良いと思います。

恋愛=結婚ではありません。もちろん付き合いが長くなり、お互いの価値観が合えば、再婚を視野にいれて考えても良いかと思います。

恋愛はもちろん、良き相談相手となるパートナーが現れたら、自分の気持ちに正直になりましょう。

2.世間の目はどう思う?

正直、シングルマザーに対する恋愛を快く思っていない方がいるのが現実です。

なぜなら、交際相手が子供に暴力をふるう。交際相手と一緒に幼児虐待。子育て放棄。

というような悲しいニュースが世間を騒がしているので、シングルマザーに彼氏ができるとそのような結末を想像する方もいるでしょう。

しかしシングルマザーだからといって子供を犠牲にするような恋愛をしている方ばかりではないことを世間には知ってもらいたいのです。

ふしだらな関係ではなく、誠実な関係。子供の味方に慣れるのは、母親であるあなたしかいないのですから、もしもパートナーがこの先、子供をないがしろにする行動をとるならば、すぐに別れた方が良いでしょう。

身内の目やご近所の目は、厳しいかもしれません。そんな状況を2人で乗り越えられる関係であれば、恋愛はこの先もうまくいくと思います。

3.子供と彼を引き合わせるタイミングは?

子供の性格にもよりけりですが、母親の彼氏を紹介されて素直に受け入れてくれる子供はほとんどいないでしょう。

特に、思春期の年齢になった子供は、いろいろな葛藤が生まれ、すぐに気持ちの整理がつきにくい傾向にあります。

小さい子供なら、本能的に「ママを取られる」という淋しい気持ちを抱いてしまうかもしれません。

子供と親にとって一番ベストなタイミングは状況によります。

どのタイミングが良いかはなんともいいがたいですが、彼氏を紹介する前に、まずは子供の心に寄り添って、「ママにとって一番あなたが大事だけど、その次に大事な人がいる。」というのを理解してもらった上で、徐々に親子で会話を増やしながら、彼のことも少しづつ話していくようにしましょう。

彼の話をしている時に、耳に蓋を閉じてしまっている状態なら、会わせるのは無理です。

笑顔できいてくれるからといって、それが子供の本心であるかもわかりません。

ゆっくり少しづつ、子供の気持ちを確かめながら歩みよるようにしましょう。

子供が相手を受け入れてくれる意志を示し始めたら、タイミングをみて引き合わせるようにして下さい。

4.子供がいることを切り出せない

恋愛感情があるからこそ、自分の子供の存在を隠したくなる。でもそれでは、現実から目を背けているのと同じです。

交際がスタートする前に、堂々と自分がシングルマザーであることを話すべきです。

子供がいること。シングルマザーであることを言い出せないのなら、恋愛すべきではありません。

恋愛モードに突入してる時に、「実は子供がいる」と打ち明けられて、動揺しない男なんていないでしょう。

それで離れていく関係であれば、それまでの男です。この先、シングルマザーであることを隠して付き合ったとしても同じ結果になっていたことでしょう。

地に足をつけてしっかりと!早い段階で、子供がいることを打ち明けて下さい。

5.彼に本当に子供を受け入れてもらえるのか不安

自分が逆の立場になって考えてみて下さい。他人の子を受け入れるのは、心の準備と葛藤がありますよね?

相手も同じです。

だからといって、常に子供を受け入れてくれるか否かという疑いの目で見ていると相手に負担をかけてしまいます。

子供を心から受け入れてもらえるようにするには、あなたの努力が必要です。

その努力が自分にとって、そして相手にとって重荷になるかならないかは、気持ちの問題。

子供と相手との信頼関係を作る為には、相当の時間が必要です。

子供と彼との関係がうまくいかなくても落胆せず、焦らず、ゆっくり時間をかけていきましょう。

6.再婚に打算はあり?

「今の生活が苦しいから。」「淋しいから」「子供に父親が必要だから」そういった打算があるのなら、再婚をしてはいけません。

自分は、なぜ再婚を考えるのか?なぜ再婚したいのか?自分の胸に手を当て、心の声を聴いてみましょう。

一度結婚に失敗しているので、前に進むのは難しい。でもこの人とならもう一度未来を作っていける。安心できる。子供のことも含めて皆が幸せで笑顔になれる。

お金がどうとか、生活がどうとか、そういった打算は一切なしに、お互い支えられる関係であるかどうかを確認し合って、再婚に踏み切るようにしましょう。

7.デートするペースはどのくらい?

家事・育児・仕事と三足のわらじを履いているシングルマザー。

忙しいのは目に見えてわかりますが、これに恋愛がプラスされると、普通の恋人同士のように時間を作ることは難しいでしょう。

休日に毎回子供を両親に預けて出かけるのも子供にとって可哀想だし、親にも申し訳ない気持ちがありますよね。

実際にデートの頻度は、週単位というより、月単位になる方がほとんどです。

同じ職場であれば、顔を毎日見合すことができますが、職場が違う場合は、デートの頻度が少なくなるのは仕方がありません。

それによりお互いにすれ違いが生まれるのなら、仕方がないこと。

自分の生活スタイルを崩さずに、無理なく会える関係で続けていくのがベストです。

シングルマザーでも男性から愛される女性の条件とは?

愛される条件

恋愛の壁がたくさんあり、2人で乗り越えなければいけないハードルも多い。それでもありのままの自分を受け入れてくれる男性から愛される6つの条件を見てみましょう。

適度な距離を保つ

シングルマザーであるからこそ、子供と自分という確立した生活があるので、男性に対してああしてほしい。こうしてほしい。などの要求があまりありません。そして、過度な期待を持ちすぎないということも愛される条件にあたります。

お互いのプライベートは保守し、過ごしやすい環境を作りあげることができると一緒にいて居心地がよくなります。

男性のちょっとした言葉は気にしない

恋愛→結婚→出産→離婚を経験している女性は、男性に対しての扱いには、未婚女性より慣れています。

男性の悪気がない行動やデリカシーのない言動に対して、敏感に反応するのではなく、さらっと流すことができる大人な女性でありましょう。

自立している女性

離婚を経験し子供を育てているママは、何より浮つきがなく女性として自立しています。

言い換えれば、子供と生き抜く覚悟ができている芯の強い女性でもあるので、その強みを生かして、男性に対してもいいところは良い、悪いところはダメとはっきり言うところが頼りにされるでしょう。

また、仕事・育児・家事の両立からスケジュール管理が徹底していて、経済的な管理もしっかりとしている点もプラスポイントになります。

可愛気がある女性に

シングルマザーという強さの中に、隠し持っている弱さを見ると、守ってあげたいと思う男性もいます。

女性一人でできることには限界があり、できないこと、苦手なところを素直に表現すると、男性の保護欲求から可愛いなと思うことがあります。

自然体な駆け引き上手になる

駆け引きがうまい女性は、褒め上手であり、相手がしてもらって喜ぶことや、いうべきことと言わないべきことを経験から学んでいます。

恋愛経験が豊富な女性も駆け引きは上手ですが、一度結婚生活を経た女性は、男性のことをより理解していると言えるでしょう。

押すタイミングや引くタイミングをコントロールしながら、自然体な駆け引きで恋愛をしましょう。

感謝の気持ちを素直に表現する

素直に「ありがとう」を心から言える女性になりましょう。

1人で強がるのはやめて、時に相手に頼って下さい。

助けてもらった暁には、笑顔で感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

母親の顔と女性の顔を分ける

子供の前では母親の顔、彼の前では女性の顔というように公私を分けるようにしましょう。

好きな彼と限られた時間内のデート中は、普通の女性でいられるように。

恋愛には前向きに!臆病な気持ちとさよならしよう

歩み寄る2人

恋愛に蓋をせず、チャンスがあれば、恋愛をしましょう。

女性は恋をすると外見、中身ともに美しくなれます。

恋愛をすると、女性特有のホルモンの影響で、人に優しくなったり、お肌が綺麗になったりとあなた自身が輝きます。

お付き合いをする上で、世間の見る目や子供のことなど悩みは多々あるかと思いますが、子供がいるからと自分を犠牲にせず、肩の力をおろして、自分の気持ちに素直になってみましょう。

母親が笑って過ごしていることが、子供の幸せでもあります。

母親業と恋愛をうまく使いわけることができる器用な女性になれますように!

シングルマザーという肩書を武器にして、恋愛で素敵な女性に変身して下さい。

 

↓ こちらの記事も読まれています ↓

※関連記事 ▶ 子育て中のママでも可愛い女でいる為の秘訣8つ

※関連記事 ▶ 【30代女性向け】肌質別洗顔フォームの選び方&ランキング10選

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

かわいくママ編集部

かわいくママ編集部

かわいくママ編集部として読者の方のために役立つ情報を配信していきます。