1. TOP
  2. 赤ちゃんの心配事
  3. 赤ちゃんの歯磨きデビュー!歯磨きに慣れる為の5つのステップ

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きデビュー!歯磨きに慣れる為の5つのステップ

 2018/09/25 赤ちゃんの心配事
この記事は約 9 分で読めます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯を磨こう!いつから?

歯ブラシ

赤ちゃんの歯磨きを開始する時期は、生後6カ月~1歳くらいの間が目安です。

だいたい6カ月くらいで、下の前歯が1~2本生え始め、1歳くらいになると前歯上下4本づつ、合計8本くらいが生え始めます。

歯が1本でも生え始めたら歯磨きがスタートですが、この頃の赤ちゃんは、母乳やミルク、離乳食がメインなので、唾液の自浄作用でお口を清潔に保つことができます。

しっかり磨かなくては!と気負いせず、まずはママも赤ちゃんもリラックスしながら、歯磨き習慣をスタートさせるようにしましょう。

上手な歯磨きの進め方!5つのステップ

上手なはみがき

嫌がらずに歯磨きしてもらう為のコツやポイントを確認しながら、少しづつ始める上手な歯磨き!

ステップごとに見ていきましょう。

ステップ1 遊び感覚でお口のまわりや歯をタッチ

初めての経験は、大人でも戸惑うことがありますよね?

もちろん赤ちゃんでも同じです。急にお口の中にものが入ると、嫌がります。

歯磨きをする前に、まずはママの清潔な手で赤ちゃんのお口のまわりや歯、歯茎を優しくタッチして、お口の中にものが入っても大丈夫!ということを教えてあげるようにしましょう。

口や口周りを触られることに慣れると、歯磨きまでのステップをスムーズにすることができます。

ステップ2 歯を磨く時はおひざにゴロン

お口の中を触らせてくれるようになったら、お膝にゴロンしてもらうようにしましょう。

この段階でも歯を磨くというより、1歳以降から本格的に行う寝かせ磨きの予行練習です。

お膝にゴロンをしてくれたら、頬を触ってお口を開けてもらったり、生後半年頃から使える赤ちゃん用歯ブラシをくわえてもらったりして、遊びながら歯磨きに慣れてもらうようにしましょう。

ステップ3 ガーゼを使って1日1回歯磨き

口を触ったり、口に物が入ったりというのに慣れたら、いよいよ歯磨きの第一歩「ガーゼ磨き」。

ガーゼを使って磨くタイミングは、下の前歯が生え始めた時期になります。

ガーゼの使用または、市販で販売されているウェットシートタイプのもので、赤ちゃんの歯を清潔にすることができます。

ウエットシートタイプのものは、1枚づつ抗菌されていて、キシリトールが配合されているものがあるのでおススメです。

ガーゼを使用する際には、洗濯で繰り返し使うことも可能ですが、できれば衛生面を考慮して、1度使ったものは捨てるようにしましょう。

ガーゼ歯磨きの仕方

1授乳後または離乳食を終えた後にお水かお茶を飲ませて、口腔内をキレイにする。

2ママのお膝の上にゴロンと仰向けに寝てもらう。

3ママの人さし指にガーゼをくるっと巻いたら、ぬるま湯か水を濡らし、歯の前・後ろを丁寧に拭く。

(※ウエットシート使用の場合は、濡らす必要がありません。)

42~3回きれいにふいたら完了です。

ステップ4 お口の中に歯ブラシを入れる練習

ガーゼに慣れたら、それと並行してお口の中に歯ブラシを入れる練習をしましょう。

この時に使う歯ブラシは、赤ちゃん用の歯や歯ぐきを傷つけないブラシで、喉付き防止ができる安全プレートがついているものが良いでしょう。

自分でながら磨きができます。

ステップ5 ガーゼから歯ブラシへ

ガーゼから歯ブラシへ移行する時期は、1歳前後が一般的。

生後9カ月以降になると上下の前歯が生え揃い、離乳食やおやつの食べかすなどが残りやすくなる時期です。

歯ブラシの回数を1日1~2回行う習慣をつけて、磨き残しのないように磨くようにしましょう。

その後、1歳から1歳半にかけて第一乳臼歯が生え始め(12本程度)、乳歯列(合計20本)が完成するのは2歳半になります。

この頃には、子供の歯を虫歯から守る為に、しっかりと歯磨き習慣をつけるようにしましょう。

パパやママ、お兄ちゃんやお姉ちゃんが歯磨きをしている姿を見せて、安心させてあげるのが良いですよ!

赤ちゃん歯磨きの仕方

1子供に自分で歯磨きをさせた後に、仕上げ磨き。

2歯ブラシの毛先を歯とはぐきの境目、歯と歯の間にきちんとあて、毛先をまっすぐにあてる。

3軽い力で左右に動かす。力加減は150~200ℊ程度の力が目安です。イメージがわかない方は、キッチンスケールで力加減を試してみましょう。赤ちゃんの歯は柔らかいので、ゴシゴシ強く磨く必要はありません。歯ブラシの毛先が広がらないように磨きましょう。

41箇所につき、5~10㎜の幅を目安に20回以上小刻みに磨きます。ブラッシングの時間は約3分程度。長くなりすぎると子供が歯磨きを嫌がる原因になるので、時間のかかりすぎには注意しましょう。

赤ちゃんの歯磨き 気を付けるべき注意点は?

子供 歯みがき

気を付けなければいけない点を踏まえて、毎日の歯磨きを楽しく習慣付けましょう!

ゴシゴシ磨きは禁止

子供の歯や歯ぐきはとっても柔らかい為、ゴシゴシ磨くと歯と歯ぐきを傷つけてしまいます。

また強い力で動かした場合、歯ブラシの毛先が広がってしまったり、歯垢が取れにくくなる原因になります。

何より歯磨きをして痛い思いをすると、子供自身が歯磨きを嫌がる原因になってしまうので、ゴシゴシ磨きは絶対にしないようにしましょう。

眠くなる前に歯を磨く

眠たい時や機嫌の悪い時に歯を磨こうとしても絶対に磨いてくれません。

子供が眠くなる前の機嫌が良い時に、歯磨きするようにしましょう。

タイミングとしては、食べ終わってちょっと一息ついた時に歯を磨くと良いでしょう。

日ごろから食べ終わったら歯を磨くという習慣をつけると良いですよ!

毛先が細くて硬めのものはNG

子供専用歯ブラシの場合、毛先が滑らかで柔らかいものが一般的ですが、海外用子供歯ブラシの場合稀に毛先が硬いものがあります。

磨きはじめは、カットがフラットになっているもので、柔らかく歯を傷めないものを使うようにしましょう。

大人用の歯磨き粉は使わない

当たり前のことだとは思いますが、大人用の歯磨き粉は子供にとってとても刺激的です。

子供用歯磨き粉は、発泡剤や研磨剤を使用しておらず、誤飲しても問題ないように作られています。

イチゴやブドウなど子供好みの味を選ぶと良いです。

歯磨き粉の量に気を付ける

赤ちゃんはすすぎができないので、使用する際には、歯ブラシの束1列分の少量のみでOKです。

歯磨き粉のつけすぎには注意し、磨き終わった後に軽く口元をすすいで、ガーゼなどでふいてあげるようにしましょう。

無理に磨かないようにする

歯磨きが嫌いになる原因の一つに、無理やり歯を磨くことが挙げられます。

嫌がっている時は、無理に歯を磨かないようにしましょう。

赤ちゃんにも意志があるので、磨きたい日と磨きたくない日があって当然です。

赤ちゃんの機嫌を見ながら、歯磨きがしたいなと思うように誘導してあげましょう。

赤ちゃんの歯磨き!必須アイテムをチェックしよう

正しい歯磨き習慣をつけるアイテムご紹介!

ピジョン 歯みがきナップ42包入

歯磨きナップ

出典:http://item.rakuten.co.jp/

ウエットメッシュ対応の歯みがきナップ。

虫歯の元ミュータンス菌の防止&再石灰化を促進するキシリトールと緑茶ポリフェノールを配合!

滅菌済・ノンアルコール・無香料・無着色・防腐剤不使用。歯みがき代用にはもちろん、外出時や眠ってしまった時などにも使用でき、大変便利です。(価格税込676円)送料別

和光堂ニコピカ 歯みがきシート30包入

和光堂 歯磨きシート

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

歯みがき習慣のファーストケアは、ニコピカから。

乳歯を守る凸凹メッシュシートで、歯についた離乳食やミルクの汚れをキレイ・スッキリ落とします。

ニコピカは、食品用原料成分のみを使用している為、安心してお使いいただくことができます。

減菌個包装、防腐剤不使用。ノンアル刻子・無香料・無着色。キシリトールも配合しています。(価格税込578円)送料別

和光堂ニコピカ 歯みがきジェル40ℊ入

和光堂 歯みがきジェル

出典:http://item.rakuten.co.jp/

ワンプッシュで出せるポンプタイプの歯みがきジェル。

歯質を強化し、虫歯予防をするフッ素配合&食品用原料のみ使用。

歯磨き粉に含まれる研磨剤や発泡剤を排除し、乳歯を優しくいたわりながら、磨き残しを防止。

キシリトールのほのかな甘みで、抵抗なく使用することができます。

ノンアルコール・パラベン無添加・無着色。(価格税込634円)送料別

ピジョン 歯ブラシセット(1セット)

ピジョンはぶらしセット

出典:http://item.rakuten.co.jp/

大人気のロングセラー、赤ちゃんの発達にあわせて作られたセット歯ブラシ。

レッスン1ブラシでは、お口の中に歯ブラシを入れる練習→レッスン2では、磨く感覚と動作の練習→レッスン3では、奥歯まできちんとみがく練習の3ステップ。

のど突き防止プレートが付いている為、安心してお使いいただけます。(価格税込1,008円)送料別

ベビーバナナ歯ブラシ

ベビーバナナ歯ブラシ

出典:http://item.rakuten.co.jp/

アメリカの歯科衛生士ママが開発した見た目にも可愛いベビーバナナ歯ブラシ。

食品グレードシリコン100%使用。やわらかく丈夫な歯ブラシで、生え始めの歯をキレイに歯磨き。

赤ちゃんがもちやすく、おもちゃ感覚で楽しく歯磨き習慣をつけることができます。

食洗器・冷凍庫・煮沸消毒が可能。イエロー・ピンク・ブルーの3色からお選びいただけます。(価格税込2,106円)送料別

コンビテテオ はじめて歯みがき乳歯ブラシSTEP1

コンビテテオ

出典:http://item.rakuten.co.jp/

歯の数が1~6本用の初めての歯ブラシ。

毛先がふんわりやわらかく、もちやすい「ふっくら形状」のグリップ。

のど突き防止プレート付きで、自分でシュカシュカ歯みがきができます。

コンビテテオシリーズはステップ1から奥歯が生えてくるまでのステップ3まであります。(価格税込394円)送料別

しっかりケアして健康な歯に

歯の健康を守るのは乳歯からのケアが大切です。

歯が生え始めた時から歯磨き習慣をつけていれば、歯磨きが嫌いになることはないでしょう。

歯みがき時間は、親子にとってのスキンシップです。お話したり、歌ったり、本を読んだりしてあげながら、楽しく歯磨きをして下さいね。

また1歳をすぎたら徐々に奥歯が生え始めます。奥歯は虫歯になりやすいので、1歳半になったら、歯科検診を受診することも忘れずに!

 

↓ こちらの記事も読まれています ↓

※関連記事 ▶ 音楽が赤ちゃんの脳に与える4つの影響とおすすめの曲

※関連記事 ▶ 赤ちゃんのおしゃぶり使用の疑問7つ!いつから?悪影響は?

 

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

かもめ

かもめ

30代前半の主婦 元美容部員 2015年8月に男の子を出産しました!

日本の育ママさんを元気に!「いつまでも可愛く!」を応援します(^-^)