1. TOP
  2. 妊娠・出産
  3. 女の子が欲しい方必見!女の子を生みやすくする6つの方法!

女の子が欲しい方必見!女の子を生みやすくする6つの方法!

 2018/05/14 妊娠・出産
この記事は約 9 分で読めます。

神のみが知る子供の性別。

男の子、女の子、生まれてしまえばどちらも愛しい存在に変わりはなく、目に入れてもいたくない可愛い我が子。

でもどちらかというと女の子がほしい!とお望みのあなた!

女の子は、生まれながらにして強くたくましく、それでいて華やかな存在です。

そんな女の子を授かる為には、どうすればよいのでしょうか?

ここでは失敗しない!女の子を生む方法をいくつかご紹介したいと思います。

どうすれば女の子が生まれる?性別を決めるものとは?

かわいいひよこ

女の子の性別を決める染色体とは?

性別を決めるのは、「X・Y染色体」です。卵子と精子が出会い、受精した時の染色体の組み合わせによって、男の子か?女の子か?どちらかの性別が決まります。

まず、卵子の染色体は、X染色体で作られているので、男性がもっている精子「X精子」と受精すると、23対の性染色体が「XX」となり、女の子。

逆に「Y精子」と受精すると性染色体が「XY」になり、男の子になります。

X精子の特徴とは?

女の子を生むのに重要なX精子。

X精子の特徴は、寿命がY精子より2~3日長く、酸性の環境に強いとされています。

そもそも、女性の膣内は酸性度が高くなっている為、酸性に弱いY精子の生存率は低くなり、X精子が有利になります。

とはいえ、X精子はY精子より数が少なく、Y精子と比べると約2倍ほどスピードが遅いので、卵子に到達するのが遅いというデメリットがあります。

X精子、Y精子ともメリット・デメリットがあるので、産み分けにはX精子に有利な環境を作ることが大切になります。

絶対女の子がほしい!女の子を授かるための6つの方法とは?

女の子を授かる方法

女の子を生むためのメカニズムがわかったところで、次は授かる為の実践です!

自宅でできる産み分けは、どのような方法があるのでしょうか?

以下にて成功率を高める方法をみていきましょう。

1. 排卵日を特定し、セックスのタイミングをはかる

女の子を希望する場合のセックスのタイミングは、排卵日の2日前です。

その為には、まず自分の排卵日をなるべく正確に理解することが重要になります。

通常は、排卵から次の月経がはじまるまで14日。つまり、通常28日周期の場合、月経がはじまった日から14日目あたりが排卵日になります。

女の子を授かるタイミングは、その2日前がねらい目となるので、月経から12日目あたりがチャンスです。

とはいっても、月経周期が不順の方は、排卵日の特定が難しいですよね?月経が正常な方でも、自分の排卵日がいつなのかわからない方も多いと思います。

月経が不順であるか否かに関わらず、産み分けをしたいとお考えの方は、基礎体温を測ることをおススメします。

基礎体温を測るとわかるように、卵胞ホルモンの影響で、体温が通常よりグンと下がった時が排卵日になります。

【基礎体温計と傾向して、排卵検査薬を使ってみる】

排卵日をより正確にする必須アイテム「排卵検査薬」

一般的にLH濃度がピークになると、36時間以内に排卵すると言われているので、LH濃度が上がりだした時期が、排卵日の2日前(48時間前)にあたり、陰性から陽性になるまさにその時がベストタイミングです。

(排卵2日前から1日前にかけて、陽性反応がでます。)

排卵日当日は陰性反応が出て、男の子を授かるタイミングになってしまうので、注意をしましょう。

2. 女の子ができやすいセックスの体位

女性がオーガズムを感じると男の子が生まれやすい/オーガズムを感じないと女の子が生まれやすいと言われています。

その為、産み分けをしたいカップルは、パートナーの協力が必要不可欠なります。

決まった体位があるかと思いますが、女の子を生む為に、オーガズムを感じさせない体位を試みましょう。

●前座位

女性が男性の前に座って行う体位であり、結合の深さをコントロールすることが可能です。

射精は浅いところで行うのがポイントです。

●高側位

女性が横になり、男性が女性の後ろに回って、膣の浅いところに挿入する方法です。

深いところではないので、オーガズムを感じることがありません。

●側臥位(そくがいい)

男性・女性共にお互い向き合って横になる体勢。女性が足を開き、男性の足に足をのせた状態で挿入しながら行います。

こちらも膣の浅いところになるので、女の子を生むのに有利な体勢です。

3. 膣内環境を整える

女性の膣は、細菌の感染を防止する為、酸性になっています。酸性に弱いY精子は、膣の入口にて死滅する特徴があります。

とはいえ、排卵日前後は、膣と子宮の間をつなぐ子宮頸管にて、アルカリ性の粘液量が分泌され、膣内を中和していきます。

膣内をなるべく酸性にして、X精子に有利な環境にすることで、X精子の生存率を高めましょう。

【膣内に注入する産み分けゼリーがおススメ】

女の子を産み分けしたい場合は、「ピンクゼリー」(※男の子の場合は、グリーンゼリー)

ピンクゼリーの働きは、膣内のphを酸性にする働きがあり、産み分け成功率80%という高確率で支持を集めています。

ピンクゼリーは、性交前に膣内に挿入するだけ。ゼリー状なので、流れにくいのが特徴です。

ピンクゼリーの種類は、国外・国内と多数の商品があり、それぞれに使い勝手が違います。

口コミ等でよく調べてから、自分にあったものを使うようにしましょう。

挿入してから水っぽくなく、流れにくいものが良いとされています。

【酢水も効果的?】

どこの家庭でも常備しているお酢。お酢特有の鼻にツンとくるようなニオイは酸性そのものです。

そのお酢を使って、膣内を洗浄すると、確実に膣内が酸性になり、女の子ができやすい状況を作ることができます。

酢水の作り方

①ぬるめの湯1ℓを用意し、その中に酢小さじ2杯を入れて、馴染ませます。

②よく溶けたら、ビデ容器などを使い、膣内を洗浄します。

性交15分前に行うと、ピンクゼリー同様の効果が期待できます。

4. 中国式産み分けカレンダーをチェック

一言でいうと、産み分け占いです。信じる信じないは、あなた次第ですが、中国・台湾での的中率は99%。

日本各国でも90%と高い確率で、性別が当たります。

筆者自身は、第二子に男の子を希望していたので、産み分けをしましたが、念のためこちらのカレンダーでも確認をしてみると、本当に的中していました。

そもそもの中国式カレンダーは、旧暦と数え年でみます。

下記にて、自動計算条件入力ツールを添付しているので、受胎日を入力して、女の子を授かる確率が高くなるか否か、確認してみましょう。

http://pages.xrea.jp/

5. 食事療法で体内を酸性にする

食事による産み分け法は、体内を酸性かアルカリ性かというように、食事でコントロールするやり方です。

上述の通り、女の子は酸性の環境が良いということになるので、肉・魚・卵・米・麦などといったたんぱく質類を多く摂るようにしましょう。

副菜で、ほうれん草やトマト、さつまいも、かぼちゃなどの緑黄色野菜の酸性食品をバランスよく摂るのがおススメです。

たんぱく質には、水溶液中において、硫黄・リン・塩素・酸などの成分を多く含んでいる為、酸性食品になります。

一方の男性の食事はというと、アルカリ性食品を多く摂取してもらうことがポイントになります。

アルカリ性食品は、小松菜・チンゲン菜・きゅうり・レタスといった野菜類やキクラゲ・しいたけといったキノコ類、わかめやひじき、昆布といった海藻類、その他多くの果物に含まれています。

男性・女性共、アルカリ性/酸性食品を摂ることで、女の子の確率がUPします!

ベジタリアン主義の旦那様をもつカップルに、女の子が多いのは、食事が関係しているからです。

肉や魚を好みとする旦那様に、急に野菜を中心とした食事に移行すると、ストレスを感じてしまったり、栄養が偏って不健康になる可能性があります。

無理のない範囲で、食事療法を行いながら、ストレスなく試してみて下さい。

6. 男性下着はブリーフ使用

男性の中でも、ブリーフ派・トランクス派と分かれると思いますが、ブリーフはトランクスよりぴったりとした締め付け感があり、下半身の熱を閉じ込めて、体温が高くなります。

それにより、熱に弱いY精子が減少し、X精子が有利になります。

【番外編】女の子が授かりやすくなる?産み分けのご利益のある神社へお参りに

安産祈願・子宝祈願にご利益のある神社の他にも、産み分けにご利益のある神社が存在します。

もちろん子宝に恵まれるだけでもありがたいお話ですが、やはりどうしても後継ぎの男の子がほしい。可愛い姫がほしいと願う方は、気分をリフレッシュさせる為にも、お参りにいってみましょう。

以下にて、産み分けにご利益のある神社をご紹介致します。

大縣神社(愛知県)

大縣神社の御祭神は、開運の神をして仰がれています。その中で摂社「姫ノ宮」は、御祭神の神裔・玉比売命(たまひめのみこと)を祀っており、女性の守護神として称えられています。

女性を重んじる神として、女の子を授かりたいと願う方々が、全国から子宝祈願をしに来るそうです。

住所:愛知県犬山市字宮山3番地

電話:0568-67-1017

http://ooagata.urdr.weblife.me/

水天宮(東京都)

安産祈願として有名な水天宮。帯祝いの時には、安産御守の鈴の尾「御子守帯」を授与することができます。

その際、授与する宮司の性別で、男の子か女の子のどちらを授かるかの判断をするとされています。

住所:東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4-1

http://www.suitengu.or.jp/

吉沼八幡神社(茨城県)

子宝神社として地元で愛されている神社は、山の神の祠(ほこら)に小さな枕がたくさん奉納されています。

男女の産み分けとして、男の子を希望する方用の枕・女の子を希望する方用の枕があり、その枕を借りることができます。

部屋に枕を置いて寝ると、希望する性別の子供を授かることが出来ると言われています。

住所:つくば市吉沼1457番地

http://www.rinzo2.jp/

産み分け率をより高める為には産院へ

女の子を生もう!

上記では、自宅でできる方法をご紹介しましたが、やっぱり心配だなと思う方には、産み分けで有名な産院に通うのをおススメします。

最初の受付では、問診から始まり、その後内診をして、妊娠できる状態がどうかを調べてから、超音波検査→卵胞の状態を確認という手順になります。

以前の排卵の様子を医師に伝える為にも、基礎体温をつけていた方は、基礎体温表を持参するようにしましょう。

産院へは何度か通う必要がありますが、医師が排卵日を予測し、産み分けに適した性交のタイミングを指導してくれます。

どんなやり方であっても、希望通りの素敵な姫ちゃんを授かれると良いですね。

 

※関連記事

女の子を授かる為には?産み分けポイント&かかる費用はどのくらい?

女の子が欲しいならピンクゼリー!ジュンビーの特徴や効果は?

 

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かわいくママ編集部

かわいくママ編集部

かわいくママ編集部として読者の方のために役立つ情報を配信していきます。