1. TOP
  2. 生活
  3. 赤ちゃん家庭のオイルヒーターの使用はOK?ガードが必要?

スポンサーリンク

赤ちゃん家庭のオイルヒーターの使用はOK?ガードが必要?

 2017/11/13 生活
この記事は約 9 分で読めます。

スポンサーリンク

オイルヒーターは赤ちゃん家庭で使用しても大丈夫?

赤ちゃん家庭で使用するものは、親がちょっと目を離しても大丈夫なように、安心安全な暖房器具を使う必要があります。

ではオイルヒーターの使用は赤ちゃんにとって安全なのでしょうか?

そもそもイルヒーターとは?

オイルヒーターは、ヒーター内部にある難熱性の油を電気を使って温める装置です。

その為、電気ストーブのように電源をオンした後すぐには暖まりません。
しかし、火を使っていないので、火事の心配がなく、小さな子供がいるご家庭で人気の暖房器具の1つです。

結論を言えば、オイルヒーターは赤ちゃん家庭にとって適している暖房器具だといえます。

オイルヒーターが赤ちゃんに優しい5つの理由

理由1:やけどの危険性が低い

前述のとおり、オイルヒーターはゆっくりと時間をかけてお部屋を暖める器具なので、急激に温度が上昇することはありません。

その点では、石油ストーブやファンヒーターと比較すれば、赤ちゃんがうっかり触った場合のやけどのリスクは少ないといえます。
(※場合によって60℃を超えることもあるため、一定時間触り続けるなどするとやけどの恐れがあります。小さなお子様が一定時間続けて触らないように気をつけて下さい。)

それから、間違って倒してしまっても火災のリスクが低く、その点でも石油ストーブやファンヒーターと比較して安心です。

理由2:部屋の中が乾燥しにくい

冬場に一番ネックになるのが空気の乾燥です。
ただでさえ乾燥している冬の空気なのに、お部屋で石油ファンヒーターやエアコンを使用すると、カラカラに乾いてしまいます。

その点、オイルヒーターは、温風がでないので乾燥しにくく、お肌の乾燥を防いでくれます。

特にアトピー性皮膚炎の赤ちゃんの場合は、オイルヒーターが一番適しています。

また喉が乾燥したりということがないので、風邪を引きにくいこともメリットとしてあげられるでしょう。

理由3:換気いらず

石油ファンヒーターの場合、点火から10分ほどで空気が汚れてしまい換気が絶対に必要になりますが、オイルヒーターは、空気を汚すことがないので、換気をする必要がありません。

換気を忘れて、一酸化炭素中毒になってしまう心配もない為、赤ちゃんにも安心して使用することができます。

理由4:静音性である

オイルヒーターから発する音は、ほとんどない為、とても静かです。
(ポコポコという音がする場合がありますが、ほとんど気にならないレベルです。)

赤ちゃんの睡眠時間を邪魔することなく使用できるので、お昼寝タイムや夜も快適に使用することができます。

理由5:メンテナンスの必要がない

オイル交換・補充・フィルターの掃除が必要ないので、メンテナンスの手間を省くことができます。

赤ちゃんのメリットというよりママのメリットの方が大きいですが、お掃除の時に気付いたら、拭いたり、ほいりを払ったりする程度でOKです。
メンテナンスが必要ない分、赤ちゃんに目をかけてあげることができますね!

赤ちゃん家庭ではガードは必要?

結論から言うと、つかまり立ちやハイハイ、歩き始めなど活発に動きまわる赤ちゃんがいるご家庭でのオイルヒーターの使用には、ガードは必要でしょう。

1歳以降、大人の言葉がわかるようになれば、危険回避ができるので“触ってはいけない”と認識できますが、好奇心旺盛な子供は、ダメと言われると余計に触りたくなる可能性があるので、ガードを利用した方が良いでしょう。

また危ない部分には触らなくても、タイマーやスイッチで遊んでしまういたずらっ子もいます。

念の為に小さなお子様がいるご家庭では、ガードの使用がおススメです。

しかしながら、基本的には安全なものなので、子供の様子をみてガードあり・なしで使用するようにしてみて下さい。

ちなみに我が家のオイルヒーターは、子供が小さいうちからでもガードなしでいけました!

ただ、やっぱり心配だという方は、こちらのオイルヒーターガード OHG-46MP がおすすめです。
口コミで人気なのでチェックしてみてください。

ちなみに、サイズは下記のとおりです。
すでにオイルヒーターをお持ちの方はご注意ください。

●サイズ/ 外寸:(約)幅22×奥行き46×高さ65.8cm

●取付可能サイズ(キャスター部含まず)/  (約)幅14~18×奥行き45×高さ61cm

>>>オイルヒーターガード OHG-46MP詳細はコチラから

オイルヒーターの上手な活用方法は?

エアコンと一緒に併用する

効率的に部屋を暖めたい時は、他の暖房器具と一緒に使うのがおススメです。

例えば、エアコンでお部屋を暖めてから、オイルヒーターを使うと、部屋の温度が下がることなく、快適に過ごすことができ、尚且つ電気代もお得になります。

ちなみにオイルヒーターは、広いお部屋での利用には適していないので、6畳~10畳くらいのお部屋で利用するようにして下さい。

また、石油ストーブとの併用だと、換気が必要になったり、空気が一気に乾燥してしまうので、おススメできません。

オイルヒーターを窓際におく

オイルヒーターを窓際において、熱を逃さないようにすると良いでしょう。

冷気の侵入をシャットアウトするので、お部屋が暖まりやすくなります。

プラスαで、断熱シートを窓に貼ったり、断熱カーテンを使用したりすると、より効果がUPします。

オイルヒーターを選ぶ時のポイントは?

上述でも触れていますが、石油ファンヒーターと違い温風がでないので、火傷しない事や、ヒーター表面の温度が急激に熱くなったりしない事。
また、パネルの隙間に子供がうっかり指を入れてしまわないようにする等の配慮をしている製品が多くあります。

購入の際には、安全面の配慮がされているかどうかの確認と電気代の面で効率が良いもの(タイマー設定付き)、お部屋が温まりやすいよう放熱部分の大きいサイズを選ぶようにしましょう。

オイルヒーターの気になる電気代!高い?安い?

安心・安全であるがゆえ、気になる電気代。

石油ストーブやエアコンに比べ、部屋が暖まるまでの時間は2倍。

タイマーを使って予め暖めていたとしても、部屋の中が暖まるまでに一定の時間を要します。

その分電気代が高くなってしまうのはやむを得ないといえるでしょう。

オイルヒータは、約600W~1200Wの電力を使用するので、1日8時間使用したとすると、一カ月の電気代は約4000円近くから7700円程度となります。

Ecoモード機能付きのものだと約3,000円から5000円弱とコストを抑えることができるので、エコ機能をうまく利用しながら使用すると電気代節約になります。

正し、エアコンと同様、つけたり消したりを繰り返すと電気代が高くなる上、再度部屋を暖めようとすると、即効性がないので非効率になります。気を付けて下さい。

オイルヒーター人気商品ランキング5位

2017年もそろそろ終わり。
寒い冬に向けて、オイルヒーターの口コミ人気をもとにランキングにしました。

第1位:デロンギ ベルカルド・オイルヒーター

12年連続NO1、8枚フィンでお部屋をやさしく暖めるオイルヒーター。

太陽の熱のように暖かい輻射熱を利用し、自然にお部屋を暖めるので、ほこり、ハウスダストなどを巻き上げず、空気がキレイなままでの使用が可能です。

また乾燥対策にも特化し、加湿器の使用が必要なし。ヒーターの表面温度は約60℃で、子供が触っても火傷をしにくい点も安心。

チャイルドロック機能付き。他にも電力レベルの設定や24時間タイマー、ECO運転などの機能がついていてより使いやすくなっています。

【価格税込46,440円送料無料】

>>>デロンギ ベルカルド・オイルヒーターの詳細はコチラから

第2位:ROSSOオイルヒーター

放熱面積をUPさせる工夫を行ったS字10枚フィンで、お部屋をポカポカに!

子供の安全対策は、本体が少しでも傾くと自動的に電源が切れる電動オフ機能あり。温度過上昇防止機能やチャイルドロックがついています。

他にも使いやすい簡単操作の機能が盛りだくさん。

22~37℃までの温度設定、弱・中・強モード切替付き、省エネモードで電気代をお安くすることができます。

優しい暖かさで大好評。

【価格税込12,800円送料無料】

>>>ROSSOオイルヒーターの詳細はコチラから

第3位:ひだまり マイコン式オイルヒーター

こちらも赤ちゃんにやさしい暖かさで、空気を汚さず、お部屋の乾燥を防止します。

付属のタオルハンガーで濡れたタオルを乾かせば、お部屋の加湿対策もバッチリ!

8枚フィンで、16℃~28℃までの温度設定が可能。

500W、700W、1200Wの3段階の設定温度に達する時間の速さを設定することができます。

カラーは、ホワイト・レッド・ホワイト×ブラックの3種類。ホワイトとレッドには、リモコンがついています。

【価格税込9,900円送料無料】

>>>ひだまりマイコン式オイルヒーターの詳細はコチラから

第4位:ユーレックス オイルヒーター(LFX12EH)

60万台を売り上げた実績のあるユーレックスから、2017年版の新オイルヒーター!

ライフスタイルに合わせた無駄のない温度&時間調節機能にて、「〇時~〇時まで〇℃」と細かく設定することができます。

尚且つ、平日用・休日用に分ける切替もついているので大変便利!

部屋が暖かくなれば、自動的に節電するので、電気代も安心。

ファミリー用タイプの12枚フィン。安心の日本製で、5年間保証がついています。

【価格税込46,224円送料無料】

>>>ユーレックスのオイルヒーターの詳細はコチラから

第5位:山善オイルヒーターDO-L124(W)

他のオイルヒーターと比べコンパクトな山善のオイルヒーター。

約6~8畳のお部屋に適しているので、子供部屋の使用にぴったり。

パワー切替は3段階。転倒OFF機能がついているので、赤ちゃんがいても安心。

簡単操作で、お値段リーズナブル。保証期間は1年間です。

【価格税込9,990円送料無料】

>>>山善のオイルヒーター詳細はコチラから

オイルヒーターを使って冬を乗り切ろう!

じわじわとお部屋を暖めるオイルヒーター。

即効性はないものの、タイマー機能をうまくつかったり、エアコンと併用することで、お部屋を暖めることができます。

オイルヒーターには、様々な商品があり、各メーカーによって特徴が違いますが、放熱部のパネル数が多いほど、暖かさをキープすることができます。

デメリットとして、他の暖房器具より電気代はかかりますが、赤ちゃんの安全面や空気の衛生面を考えると、オイルヒーターが一番良いと思います。

お子様の年齢、性格によってガードが必要であれば、ガードの使用をお考え下さい。

最後に、メリットやデメリットを考慮した上で、是非ご家庭にあったオイルヒーターを検討してみて下さいね!

 

↓ こちらの記事も読まれています ↓

※関連記事 ▶ 冬のベビーカー防寒対策はブランケット?ケープ?おすすめ13商品

※関連記事 ▶ ふんわりあったかベビーニット帽!サイズの測り方と3つの選び方

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

かわいくママ編集部

かわいくママ編集部

かわいくママ編集部として読者の方のために役立つ情報を配信していきます。