1. TOP
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんの夜泣きがひどくて寝られない!そんな時の対処法5選

赤ちゃんの夜泣きがひどくて寝られない!そんな時の対処法5選

 2015/02/05 子育て
この記事は約 5 分で読めます。

赤ちゃんが生まれるとゆっくり寝たいのに、夜中の授乳やオムツ換えなどで寝る時間も削られます。

極めつけは、夜泣き。こうなると本当に睡眠時間が削れらていきます。
こちらでは、筆者が試行錯誤する中で見つけた夜泣きの対処法を5つに絞ってご紹介します。

赤ちゃんの夜泣き対処法まとめ

夜泣きをする赤ちゃん

1.寝てるのに泣いている時は起こす

以前次のような話を聞いたことがあります。

『赤ちゃんや小さな子供は寝ていても脳は働いているため、五感で様々な変化を感じることができる。例えば音を聞いていたり、寒かったり、暑かったり、臭かったりなど普段と違った雰囲気を感じとると、興奮して泣いてしまう』

このように、寝ている時に赤ちゃんが感じた刺激により泣いていることがあるようです。目をつぶり寝ている感じなのに泣いている場合、一度電気をぱっとつけて完全に起こしてみましょう。

ママもおきるのはツライですが、そこは我慢して、少し遊んであげて下さい。早く寝ろ~という気持ちであせっていると、子供にもその気持ちは伝わり、余計に寝てくれません。私の子供2人も夜泣きをしていて、夜に何度も起こされ、おもちゃで一緒に遊んだ経験があります。忍耐が必要ですが、遊んだ後は、寝てくれました。

2.抱っこしてママの声を聴かせてあげる

赤ちゃんを抱っこする女性

赤ちゃんと添い寝をしている方は、泣いている時に「よしよし」と抱きよせ名前を呼んであげてみてください。
赤ちゃんの五感は敏感です。ママの声を聴くだけで安心して泣き止むこともあります。

ベビーベットで寝ている赤ちゃんであれば、一度起きて抱っこして名前を呼びながら優しく話しかけてあげましょう。

それでも寝ない場合は、おっぱいをほしがっている可能性もあります。
その場合はおっぱいをあげてみて、様子を見てみてください。

3.歌を歌う、音楽を聞かせる

泣いている赤ちゃんを起こして抱っこしてあげると、だいたいは泣き止むと思います。
ですが、興奮していてなかなか泣き止まないようなら、普段歌って聞かせている歌を歌ったり、子守唄を歌ってあげましょう。

上手くいけば安心感を感じ取り、次第に泣き止み寝てくれます。
また、スマホにデフォルトで内蔵されている着メロや着うたを聞かせると、一時的にスマホに注意がいくことで泣き止むことがあります。

最近では、Youtubeでも赤ちゃんが泣き止む曲という動画が多くアップされていますので、そちらを使って泣き止むかどうか試してみるのも効果的です。

4.生活のリズムを調整する

こちらは即効性のある対策ということではなのですが、普段の生活習慣を見直すことで本質的な対策となります。

まず、なるべくママと同じ生活リズムになるように、寝る時間起きる時間を調整していきます。

寝ている子供を起こすのはかわいそう。と思いがちですが、面倒みるのはママです。
自分の生活スタイルに合わせてくれると子育てもラクになります。

夜中、夜泣きで何回か起きていたとしても、朝は、8時前には必ず起こします。

朝の陽の光を浴びせて、朝だと意識つける為です。

昼間はたくさん遊ばせて、昼寝は、2~3時間にします。

17時以降は絶対寝かさないようにします。

夜は、授乳、もしくは離乳食をあげた後は、ちょっとしてからお風呂にいれます。お風呂からでると身体がポカポカして眠たくなるので、そのまま寝かしつけます。

このように、夜にまとまって寝てもらうように習慣づけます。夜たくさん寝かせる習慣をつけると、自然と夜泣きもなくなっている場合があります。

5.ドライブに連れ出す

夜のドライブ

夜泣きの対処としては最終手段です。

何やっても寝ない、泣き止まない場合、夜のドライブを試してみて下さい。

私も最終手段で2~3度試しました。
チャイルドシートで寝てくれればいいですが、泣いているのに、無理やりチャイルドシートに載せても逆効果だったので、パパの協力が必要です。

パパが運転して、ママが子供を抱っこし、ドライブ。

しばらく車でぐるぐるしていると、お母さんの心臓の音を聞き、車で揺れる感じが、お腹の中にいた頃の揺れとにているので、寝付きます。

車を降りたとたん、起きてしまったこともありますが、深い眠りにさせれば、ドライブ作戦は成功です。
毎回のドライブは気力・体力が必要になるので、あまりお勧めはできませんが、何をしても泣き止まない場合はやむ終えません。

最後に

夜泣きの時期は子供によってバラバラです。私の場合、一人目は、だいたい5~6ヶ月頃からほんの少しの期間だけ。

二人目は生まれて1ヶ月から4ヶ月頃まで、夜はほぼ毎日泣いていました。

上記は、いろいろ試してみた結果です。是非皆さんも、夜鳴きをするお子様でお困りの場合に試してみて下さい。
睡眠不足だとストレスが溜まりやすいですが、気分転換をうまくとりながら、心にゆとりのある子育てが出来ますように。心よりお祈りしています。

↓ こちらの記事も読まれています ↓

※関連記事 ▶ 子育てでイライラしがちな方へ!育児ノイローゼが起こる原因と対処法とは?

※関連記事 ▶ 産後もキレイなバストをキープ!バストアップ5つのポイント

 

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、11歳の娘、8歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!