1. TOP
  2. 美容・コスメ
  3. 放っておくと危ない!妊娠中のお肌トラブル7選+1

スポンサーリンク

放っておくと危ない!妊娠中のお肌トラブル7選+1

スポンサーリンク

妊娠中のお肌トラブル7つとは?

妊娠中のしみなどのお肌トラブル

妊娠中のお肌トラブルの主な原因は、女性ホルモンの「プロゲステロン」「エストロゲン」が増加する為に起こると言われています。ホルモンバランスが乱れ代謝に変化が起きターンオーバーが遅れやすくなります。妊娠中に、このような原因によって起きやすいお肌トラブルを7つご紹介します。

1. しみ・そばかす

一度できてしまったしみやそばかすは厄介で、なかなか消すことができません。妊娠中何故しみができやすいか?それは、上記で紹介した2つの女性ホルモンの影響が大きいと言えます。

プロゲステロン・エストロゲン2つの女性ホルモンの増加によって、しみの元(メラニン色素)が増えやすくなるためです。

妊娠中の肌は敏感なので、肌に刺激の少ない日焼け止めクリームを選び、UVケアをしっかりしましょう。曇りの日でも紫外線量は60%あるそうです。晴れの日はもちろん、曇りの日でも帽子や日傘は必須です。身体の内側からのケアにつきましては、ビタミンCを多く摂取するように心掛けて下さい。

2.色素沈着

妊娠中、脇の下・乳房・乳首・外陰部が黒ずんでしまうというお悩みの妊婦さんがいます。これはホルモンによる色素沈着によるものですが、大抵の場合、産後には気になっていた黒ずみもなくなるものです。また大部分の妊婦さんは、おへそから上下にまっすぐな黒い線(正中線)ができますが、これも色素沈着によるものです。

産後少ししたら消えていくので、心配ありません。

3.体毛が濃くなる・頭髪が薄くなる

女性ホルモンの影響で、体毛が濃くなる妊婦さんがいます。永久脱毛をしたはずなのに、生えてきてしまったりする方もいます。体毛が濃くなるのは、一時的なものなので、あまり気にしないようにして下さい。産後は、ホルモンが減少する為、抜け毛に悩む方がいます。ホルモンバランスが安定すれば、抜け毛もしばらくしたらおさまります。

産後の抜け毛についてはこちらの記事も参考にしてみて下さい。
>>産後の抜け毛が気になる!その原因と改善方法とは?

4.皮膚の乾燥

子宮に水分を多く必要とする為、子宮に水分が取られてしまい乾燥肌を引き起こす方がいます。体内の水分量が少なることが原因ですので、放っておくとお肌の乾燥だけではなく血流が悪くなったり便秘の原因にもなります。

便秘になるとさらに代謝が悪くなりお肌が乾燥しがちになり、悪循環に陥ります。

水分補給をしっかりし、保湿をすることが一番大事です。自分にあった化粧水で、しっかり保湿して下さい。

5.かゆみ

皮膚の乾燥をそのままにしていると、かゆみや赤みを引き起こしてしまいます。

かゆみがでてしまった場合は、保湿クリームをたっぷりぬって、かゆみを防止して下さい。

お腹が大きくなることで、皮がひっぱられ、かゆみがひどくなったりします。尿素の入ったクリームがかゆみに効果的なので、お試し下さい。それでも痒くて仕方がない時は、かかりつけの医師に相談しましょう。妊娠中でも使用可能な軟膏を処方してくれます。

6.吹き出物・にきび

妊娠中のニキビ・吹き出物

妊娠中は、皮脂の分泌が盛んな為、皮脂がつまりやすい状況です。吹き出物やニキビ対策には、肌を清潔に保つことが重要です。

洗顔クリームや石鹸は、無香料・低刺激のものを使用し、やさしく肌を洗いましょう。

洗顔の仕方もポイントがあるので、注意して下さい。

洗顔時のポイント

  • 石鹸をよく泡立てる
  • 石鹸の弾力で洗う(手でこすらない)
  • ぬるま湯(36~38度くらい)で洗う
  • 洗顔時間はすすぎ含めて1分程度
  • タオルも低刺激のお肌に優しいものを使うとベター

7.蕁麻疹(じんましん)

通常のかゆみとは別に、蕁麻疹を発症してしまう事例があります。これを「妊娠性痒疹」と呼びます。腕・足・お腹・背中と赤くブツブツしたものができ、痒みがともないます。

原因は、ホルモンバランスの変化にあります。

痒みがひどい時は、皮膚科の医師に妊娠中であることを伝えた旨、受診しましょう。家での処置は、かゆみのある患部を冷やしたり、軽くたたいたりするとかゆみが少しづつおさまります。強くかいてしまうと跡が残ってしまったり、色素沈着を起こし黒ずんでしまったりするので、ご注意を!

+1.むくみ

妊娠中の顔のむくみ

妊娠中むくみに悩まされる方がいます。肌トラブルとは別ですが、顔や身体・足がむくんだ状態であるのは辛いことです。

特に、顔がむくむとそれだけで太った印象になり、メイクなどにも影響が出ます。

この妊娠中のむくみは、子宮が大きくなることによる下半身の血行の悪化や、体内に水分を溜め込もうとすることがむくみの原因で起きます。日ごろからの軽い運動・マッサージ・半身浴がむくみ解消の鍵になりますので、顔や足のむくみがひどい時は是非お試し下さい。

参考記事:こんなに変わる?!妊娠中の足のむくみを解消する方法10選

最後に

妊娠中はさまざまな肌トラブルがありますね。あまりネガティブにお考えにならず、これも母親になる道と捉えて、解決策を見出していきましょう。心が元気であれば、肌トラブルも乗り越えることができるはずです!前向きに!充実したマタニティーライフをお過ごし下さい。

↓ こちらの記事も読まれています ↓

妊娠中の便秘は放っておくと危ない?!原因と対策まとめ
妊娠中こそ手を抜くな!妊婦のシミそばかす対策7選

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、11歳の娘、8歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!