1. TOP
  2. 妊娠初期
  3. 妊娠初期の葉酸はいつからいつまで?摂取時期・方法・量まとめ

妊娠初期の葉酸はいつからいつまで?摂取時期・方法・量まとめ

 2015/05/24 妊娠初期
この記事は約 5 分で読めます。

妊娠初期に重要な栄養素と言えば葉酸です。妊娠が分かったら、積極的に摂っていく必要があると言われていますが、実は妊娠が開始する前から日常的に摂取することが推奨されています。

では、具体的にいつからいつまで摂り続ければ良いのでしょうか。また摂る量はどのくらいが最適なのでしょうか。

こちらでは、特に妊活中~妊娠初期の妊婦さんのために、葉酸についての気になるポイントを4つに分け説明していきます。

1.妊活中〜妊娠初期に葉酸を摂り始める時期はいつから?

お腹に手でハートを作る妊婦さん

妊娠初期に葉酸を摂るべき理由は、お腹の赤ちゃんにあります。葉酸はDNAの合成に欠かせない大切な栄養素の1つです。赤ちゃんの脳や神経が問題なく作られるのは、この葉酸と言う栄養素のおかげなのです。

実は、葉酸には妊娠初期の胎児の脳の先天異常を防ぐ重要な働きがあります。

考えてみると、脳や神経って先にできてくるイメージがありますよね。先に骨や内蔵ができてから脳や神経が出来るっていうのは、ちょっと考えづらいです。

赤ちゃんの脳や神経をつくるのは妊娠超初期から妊娠初期なのです。

だからこそ、葉酸は早めに摂ることが肝心になります。中には受精後の1、2週間のうちから必要だと言っているところもあります。でも焦って一気に摂ったからといって、それが全てすぐ赤ちゃんの栄養になってくれるわけではありません。

徐々に定着していくので、妊娠が分かる前から摂らないといけないとも言われています。ですから子供が欲しいと思っている時点で、いつ妊娠してもいいように、妊活を始めた時点で葉酸だけは常に摂り続けたほうがいいのです。

2.産後まで?葉酸はいつまで摂るべきなの?

摂り始める時期は、妊娠よりも前のほうがいいことがお分かりいただけたと思います。では、葉酸はいつまで摂り続けるべきなのでしょうか?

それは一説によると、妊娠3ヶ月目(12周目)頃までと言われています。

5ヶ月頃までと言われているところもありますが、この3ヶ月頃までのほうが有力そうです。厚生省でもこの時期を推しているので、この時期までは意識して摂り入れていきましょう。

ただ、葉酸には重要な役目がもう1つあります。

葉酸摂取によって流産を予防する効果が期待できる?!

それは、流産を防いでくれる働きが期待できるということです。そこには「ホモシステイン」という物質が関係してきます。ホモシステインは必須アミノ酸の一種で私たちの血液中に存在します。必須アミノ酸なので体に必要なのですが、増えすぎると害があります。

ホモシステインが増えると「流産の可能性を高める」危険性があると言われています。

そして、このホモシステインの代謝に必要になってくるのが葉酸なのです。増えすぎたホモシステインを代謝し、無毒化してくれるのです。この点から考えると、葉酸は安定期を過ぎるまでは摂取しておくべきだと言えます。

また、継続して産後も葉酸摂取を推す声もあります。引き続き葉酸サプリなどで補給しておくのも悪くないと言えます。

3.妊娠初期の葉酸の摂取量の目安とは?

葉酸たっぷりほうれん草の胡麻和え

まず妊娠していない成人女性の1日の葉酸の推奨量目安は、大体240μg(マイクログラム)です。これは年齢関係なく、全ての成人女性に当てはまります。

でも妊婦さんはこれでは足りません。この量の2倍、480μgが必要になります。

最低でも400μgは摂っていたほうがいいでしょう。

実際に食品に変えてみると、推奨量分ならほうれん草1束分、アスパラガスなら16本も必要になってしまいます。毎日これだけ摂るのは大変なことですが、赤ちゃんの為と思って、頑張って摂っていきたいですね。

ただ、妊娠初期に葉酸が必要だからって、沢山摂ればいいというワケではありません。因みに上限量は1000μg=1mgになるので、ここも注意しましょう。

4.葉酸の上手な摂り方とは?

最後は、この葉酸の摂り方についてです。野菜が好きな方は特に問題ないのですが、そこにほうれん草やアスパラなどをプラスしてみてください。もっと多く摂ることができます。でも正直、毎日だと飽きてしまいますよね。

それにこれは光や熱にすごく弱くて、水に溶けやすいので、調理方法にも注意です。野菜をスープに入れる方は多いですが、その時はスープも全部飲み干しましょう。加熱調理もなるべく短時間で済ますようにします。サッと火を通すぐらいでないと、あの栄養はなくなってしまうんです。

一方で野菜が苦手な方、食欲が落ちている方は栄養がたっぷり入ったサプリメントがおすすめです。

葉酸サプリメントは色々なメーカーのものがありますが、それぞれ摂取量を守って飲んでください。あとはこの栄養が入ったキャンディー、ノンカフェインのお茶、お菓子なんかもあります。どれも葉酸の含有量をチェックしてから摂るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?これを読んでいる方の中には、もしかしたら妊娠3ヶ月を過ぎて、このことを知った方もいるかもしれません。今はかなり時期を過ぎてから妊娠が分かる方も多いので、もうこの栄養が必要な時期が終わっていたなんてことも少なくありません。

この時期に摂っていないと、無脳症(脳の組織が欠如、脳の縮小など)や神経管閉鎖障害(脳や脊髄に起こる先天性障害)のリスクが高まります。サイトによっては「もう遅い」なんて、怖い書き方をしているところもあります。

頬に手を当ててびっくりする女性

でもだからって悲観的にならず、ちょっと冷静に考えてほしいのです。まずこの栄養が必要と言われるようになったのは、近年になってからです。それまで、このことは殆ど知られていませんでした。

今これを読んでくれている妊婦さんを産んでくれたお母さんの時期には、当然知り得なかったことなのです。でも妊婦さんは今、立派に成長して、赤ちゃんを産もうとしていますよね。あなたの存在自体が、不安を取り除く理由になることを決して忘れないで下さい。

どうしても不安なら、先生に不安を打ち明けてみるのも手です。

何か問題があればすぐに言ってくるはずなので、何も言われていない方は杞憂に終わる場合が多いです。必要以上に気落ちすると赤ちゃんにも影響してくるので、どうか「もう駄目かも」とは思わないようにしてほしいです。とにかく、今から出来ることに目を向けませんか?

>>葉酸摂るならおすすめはコレ!特に人気の商品3つをランキング!

 

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かもめ

かもめ

30代前半の主婦 元美容部員 2015年8月に男の子を出産しました!

日本の育ママさんを元気に!「いつまでも可愛く!」を応援します(^-^)