1. TOP
  2. 妊娠超初期症状は生理前から?10の症状で妊娠を見分ける

妊娠超初期症状は生理前から?10の症状で妊娠を見分ける

 2015/06/02 妊娠超初期
この記事は約 7 分で読めます。

妊娠“超”初期とは、受精卵が着床し、妊娠が成立する妊娠3週目前後のことを指します。だいたい、生理予定日より1週間ほど経った頃にあたります。この頃から、妊娠時特有の症状が現れ始めると言われています。これが妊娠超初期症状です。

ただし、この妊娠超初期症状は、生理前に起こる身体の変化と似ているので、妊娠の有無を判断するのは、難しいと言われています。そこで今回は、生理前の身体の変化との違いを比較しながら「10の妊娠超初期の症状」をご紹介します。

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かもめ

かもめ

20代後半主婦 美容部員 2015年8月に男の子を出産しました!

日本の育ママさんを元気に!「いつまでも可愛く!」を応援します(^-^)