1. TOP
  2. 5分で分かる!出来ちゃった妊娠線を消す3つの方法とは?

5分で分かる!出来ちゃった妊娠線を消す3つの方法とは?

 2015/06/14 産後
この記事は約 5 分で読めます。

ほとんどの妊婦さんが気をつけていることの1つに「妊娠線予防・対策」があるのではないでしょうか?

一度出来てしまった妊娠線は消せない!とも言われていますので、妊娠中、特にお腹が大きくなってくる前からのケアが大切ですよね!

しかしながら、そんな毎日のケアの結果むなしく、お腹が肉割れして線ができてしまうこともあります。女性にとってはとってもショックですよね?

では、この出来てしまった妊娠線は本当に消すことは出来ないのでしょうか?

今回は、そんな女性の大敵「妊娠線」を消す・もしくは目立たなくさせる方法をご紹介します。

1.肌の真皮まで作用するクリームを使用!

手の甲に塗られたクリーム

妊娠線が消えづらい理由の1つに、肌の表面だけに傷ができているわけではなく、お腹が大きくなることで肌の奥の真皮まで断裂してしまっていることが挙げられます。

肌表面だけの傷であれば比較的ケアも簡単なのですが、肌の奥の真皮をケアするとなると、なかなかやっかいです。

この真皮にはコラーゲンやエラスチンなど、肌をキレイに保つ成分が存在していますので、これらの成分を修復、補填できるクリーム、つまり真皮にまで作用するクリームを使用してみましょう。

そして、このクリームを使用する時は、しっかりとマッサージするように塗りこみましょう!

マッサージをプラスすることで、新陳代謝をUPさせ皮膚を柔らかくし、クリームの有効成分をより届けやすくすることができます。

また、出来るだけ早い段階でケアし始めるのも大切です!

妊娠線はお肌の奥の真皮が傷つけられてできるものとご説明しましたが、加齢によってもこの真皮は傷つきやすくなります。

妊娠による真皮のダメージに加え、加齢によるダメージまで追加されてしまうと、より厄介になります。

そのため、早めのケアをオススメいたします!

2.身体全体の新陳代謝をUPさせる!

両手で上を指さす女性

妊娠線を消すためには、お肌を新しいものに作り変える必要があります。つまり、お肌のターンオーバーを促進させるのです。

ターンオーバーを促進させるためには、身体の新陳代謝をUPさせる必要があります。

新陳代謝をUPさせる方法として、①食事の改善、②半身浴をする、③適度な運動をする、という3つをご紹介します。

① 食事の改善

出来るだけ冷たいものを摂らないように心がけましょう。身体が冷えてしまうと、新陳代謝が悪化しやすくなりますので、飲み物はホットをチョイスしたり、温野菜を積極的に食べるようにしましょう!また、白砂糖は体を冷やすので、甘いものや清涼飲料水は控えるようにしましょう。

② 半身浴をする

なかなか小さな赤ちゃんがいると、ママはゆっくりお風呂に入る時間がなくなりがちですよね?しかし、しっかりと湯船につかって身体を温めることは、新陳代謝をUPさせるためにはとても大切です。たまには、ママ1人でゆっくりと湯船につかる時間を作ってみましょう!妊娠中期は、温めのお湯で20分以上ゆっくりと入るとリラックスできておすすめです。臨月間近では長湯は良くないと言われているのでご注意ください。

③ 運動をする

新陳代謝をUPさせるために重要なのが運動です。例えば、お子さんと一緒にできるスイミングやベビーヨガなどはいかがでしょうか?運動をすることで基礎代謝が上がり、血行が良くなります。血液に乗って酸素が各種臓器や筋肉に運ばれ代謝を促進します。また、不要な老廃物が汗腺や腸などを通して外部へ排出されます。産後の体型戻しとしても効果的ですので、是非試してみて下さいね!

3.医療に頼ってみる!

脱脂綿にアルコールを湿らせる女医

クリームでのマッサージや体質の改善では、妊娠線が消えなかったとしてもまだ諦める必要はありません。最近の美容外科では、妊娠線を消すもしくは薄くする特殊なレーザー治療ができるところが増えてきているようです。

具体的には、特殊なレーザーを照射して、お肌の下のコラーゲンを再生したり、強力にお肌を引き締めることで、妊娠線を消したり目立たせなくすることができるようです。もちろんコストはかかりますが、短期間でキレイにしたい方は検討する価値があるのではないでしょうか?

まとめ

顎に手を当てて考える女性

あるだけで気分が落ち込んでしまう、女性の大敵「妊娠線」を消す、もしくは目立たなくさせる方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

妊娠線を消すためには、すぐ諦めてしまうのはNGです!日々の努力によってしか消すことは出来ませんので、根気強くケアしてあげましょう!

とはいえ、出来れば肉割れを起こす前に、しっかりとオイルやクリームでケアをして皮膚の柔軟性を高めておくことが重要です。

しっかりと予防することが一番の妊娠線対策といえるかもしれません。

妊娠中期以降急激にお腹が大きくなりだすのでその時に、お風呂上りなどに妊娠線予防クリームでお肌の保湿をします。毎日欠かさずに行うことが重要です。日々お肌の柔軟性を高めて肉割れを起こしづらいお肌環境を作りましょう。

とはいえ、もはや妊娠線が出来てしまって悩んでいる方の方多いでしょう。

そこで、最後に1つおすすめ商品をご紹介します。

出来てしまった妊娠線を消す効果が期待できる数少ない商品の1つ、それが「ノコア(Nocoa)」です。

ノコアは、製品の成分や品質を重視しているため、いわゆる界面活性剤を使用していません。

その上で、妊娠線を消す効果を高めるため、最新のビタミンC誘導体やBODY3COMPLEXといった原料を使用しているため、より効果が期待できるように配慮されています。

口コミなどを見ていても、出来てしまった妊娠線に効果があったという声が多く寄せられており、誤解を恐れずに言えば、妊娠線を消すためにはノコア以上のボディクリームはないといえます。

興味がある方はチェックしてみてください!

>>妊娠線クリーム「ノコア(NOCOR)」の詳細を見てみる

 

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママ ~妊娠・出産・子育ての総合情報メディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かもめ

かもめ

20代後半主婦 美容部員 2015年8月に男の子を出産しました!

日本の育ママさんを元気に!「いつまでも可愛く!」を応援します(^-^)