1. TOP
  2. 妊娠中期
  3. 妊娠中期から要注意!早産の兆候と5つの予防法とは?

スポンサーリンク

妊娠中期から要注意!早産の兆候と5つの予防法とは?

 2015/07/20 妊娠中期
この記事は約 4 分で読めます。

スポンサーリンク

早産とは?

妊娠中期の頃の妊婦のお腹

早産とは、妊娠中期から後期にあたる22週目から37週目に、何らかの原因で生まれてしまうことをいいます。通常は37週目から40週目を正産期と呼び、この期間に出産するのが最良だと言われています。

早産は20人に1人の確率で起こるといわれているので、他人事ではありません。早産の危険性がある場合は、検診時医師からのアドバイスをきちんと守り、いつも以上に注意をはらいましょう。

切迫早産と早産は違う?

切迫早産とは、早産しそうになっている状態のことです。早産の一歩手前の状態ですの早産の兆候としてはこの切迫早産の兆候がカギを握ります。

切迫早産には兆候がある?

真剣な眼差しの医者

普段と違う兆候があったら切迫早産の危険サインです。注意しましょう。

お腹の張りと痛み

妊娠中期から後期は、お腹がはりやすい時期です。張る頻度が多かったり、休憩しても張りが治まらず、下腹部の痛みが続くときは要注意です。

切迫早産の可能性も考えられるので、医師に相談して下さい。

出血がある(不正出血)

妊娠初期に、出血を経験された方もいたと思いますが、妊娠中期以降は、通常は出血は見られません。

お腹のはりと共に出血があった方は、危険サインです。すぐに診察を受けて下さい。

胎盤が子宮の下の方にできる「前置胎盤」の可能性があり、大量の出血をともなう可能性があるので、絶対安静が必要です。

おりもの異常

お腹の痛みや出血がなくても、おりものの異常にも注意をする必要があります。おりものの匂いが気になる。かゆみがある。

おりものの量が多く、黄褐色等のいつもと違う兆候がある方は、感染症の疑いがあります。

近年、早産の原因で多いのが「感染症」によるものです。

細菌や病原体が膣から子宮に達し、炎症を起こすと子宮を収縮させ早産を引き起こしてしまいます。

破水

破水してしまうと、その1週間以内には出産することになります。正産期の前に出産になると早産ということになるので、1つの兆候と言えるでしょう。

破水は一見、尿漏れと間違えられやすいのも注意が必要です。

早産にならないようにする為の予防法は?

真剣な表情で考える女性

早産を防ぐ為に以下の5つの点に気をつけて生活しましょう。

1.重たいものをもたないようにする

重たいものをもつとお腹に力が入ります。買い物の荷物・上の子を抱っこする・背伸びをする等、お腹に負担のかかる行為は避けましょう。

買い物は、宅配サービスを利用するととても便利です。

2.体の冷えを防ぐ

体の冷えや手・足などの末端の冷えは、お腹が張る原因を作ります。

お腹が大きい為、上半身は暑いと感じても、下半身は血行不良から、冷えている場合があります。

夏場は冷たい食べ物は避け、クーラーの温度は低く設定しないようにする。靴下を履く等の冷え対策を行いましょう。

冬場は冷えやすいので、特に体を冷やさないように気をつけて下さい。あたたかい湯船につかったり、体のあたたまるハーブティーを飲む等をして、体を芯から温めましょう。

3.ストレスを溜めない

ストレスで心身共のバランスを崩さないように、自分自身で調節しましょう。

妊娠時期は、ホルモンバランスが不安定なので、ストレスを感じやすい時期です。頑張りすぎず、息抜きが必要です。

4.疲労を溜めない

疲労は、子宮が収縮しやすくなります。

妊婦さんだということを認識し、無理をしないようにしましょう。 働きすぎや頑張りすぎは、体を壊す元になります。

風邪を引くと、免疫力が下がっている為、ひどくなったり長引いたりします。疲れた時は休憩を取りながら、ゆっくりマイペースに過ごして下さい。

5.夫婦生活に注意をする

妊娠32週目(8ヶ月目)以降は、子宮収縮が起こりやすい時期です。

パパは、ママの体調を気遣いながら、後期以降の性行為はなるべく控えるようにしましょう。

性行為をする時は、感染症のリスクを避ける為に、必ずコンドームを使用して下さい。

まとめ

いかがでしたか?早産についてまとめましたが、ご参考になりましたか?早産のリスクを避ける為にも、普段から自分の行動には責任をもって行動しましょう。

妊娠中は赤ちゃんとママ2人の体です。

転ばないように気をつける。ヒールの靴を履かない。夜遊びをせず、早寝早起きを心掛ける等、無理のない生活を心掛けて下さい。お腹の赤ちゃんは、日々成長しています。予定日前後まで、ママのお腹で大事に育ててあげましょう。

↓ こちらの記事も読まれています ↓

赤ちゃんにも悪影響!?妊娠高血圧症候群について7つのまとめ
STOP!妊娠後期の体重増加を止めるための6つのポイント

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、11歳の娘、8歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!