1. TOP
  2. 妊娠・出産
  3. 帝王切開の痛みは主にこの4つ!効果的な対処法まとめ

スポンサーリンク

帝王切開の痛みは主にこの4つ!効果的な対処法まとめ

 2015/10/30 妊娠・出産
この記事は約 5 分で読めます。

スポンサーリンク

帝王切開の痛みはどういう時に感じるの?

メスを持って手術を始めようとする医師の手元

帝王切開になるケースは、逆子や双子、母子のどちらかに何らかの問題を抱えているケースで、自然分娩が厳しいと判断された時にとられる出産方法です。自然分娩から緊急手術になる場合もあります。

また、近年出産日時をはっきりさせたいという本人の希望で帝王切開を望む方もいます。

帝王切開の痛みの感じ方は、個人差があります。

一概に誰しも感じる痛みではありませんので、心配しすぎないように以下内容にて確認していきましょう。

ケース1:麻酔をする時

一般的な麻酔方法は、腰椎麻酔と硬膜麻酔の2種類です。

全身麻酔ではなく、下半身のみの麻酔なので、術中の意識はあります。

脊髄のあたり背骨と背骨の間に針をさして麻酔を行うので、注射が苦手な方は、針がささる瞬間ちくっとした痛みを感じます。

麻酔をする前にすでに陣痛の痛みが始まっている方は、陣痛の痛みがより強く感じるので、麻酔注射の痛みはあまり感じないでしょう。

ケース2:手術中に感じる痛み

体質により麻酔の効きが弱く、切開をしている時の違和感や、赤ちゃんを取り出す時にお腹を上から下に押されている感覚がわかり、痛みを感じる方がいます。

痛みを感じる時は、すぐに痛みを取り除く必要があります。術中であれ遠慮せずに痛みを訴えましょう。麻酔の増量や痛み止めの追加等の対応が可能です。

ケース3:後陣痛

帝王切開後、麻酔が切れた後に起こる後陣痛の痛みを強く感じる方が多いようです。

子宮収縮時に、冷や汗がでるほど痛い場合があり、発熱を伴うケースがあります。1日たてば熱も下がるので、医師の指示に従い安静に過ごしましょう。

ケース4:傷口の痛み

帝王切開は、身体に負担がかからないように注意をはらいながら、お腹の傷口は10~12cmといった形で、縦か横のどちからに切開します。

術後は、傷口がじんじんと痛むでしょう。

ベッドの上で横向きになるのも一苦労だと言います。

しばらくは、仰向けで寝ている状態ですが、痛みがひどく眠れない場合は、医師や看護師に症状を話しましょう。術後の経過や体調にあわせて、横向きになる練習や歩く練習をします。

帝王切開後の痛みに効果が期待できる5つの対処法

帝王切開で生まれてきた赤ちゃん

どのような時に痛みを感じるのかについては大体お分かりいただけたかと思います。では、帝王切開後に出てくる痛みに対してどのように対処すれば良いのでしょうか?

具体的な方法を5つご紹介します。

注)ご自身で出来る方法であっても、必ず医師に相談の下行うようにしてください。

① 坐薬を使用する

子宮収縮時の後陣痛の痛みは、痛み止めの坐薬が効きます。飲み薬の痛み止めもありますが、効かない場合は、坐薬を入れてもらいましょう。

② 筋肉注射を打つ

子宮の出口付近に直接注射する筋肉注射。即効性があり痛みが和らぎます。体質によっては、副作用がでて吐き気を伴うことがあります。

③ 子宮収縮剤を使用する

点滴に混ぜて、子宮を収縮する薬を使用します。出血量をおさえることができ、後陣痛が軽くなります。

④ マッサージをする

子宮の収縮が収まると痛みがおさまります。その為、帝王切開後、数日しても痛みが続く場合、傷口に負担をかけない程度に子宮をマッサージします。

マッサージは医師にまかせて、自分ではマッサージしないようにして下さい。

⑤ アイスノンを使う

筋肉は冷やすと収縮します。お腹の上にタオルでまいたアイスノンをおいて冷やします。ひやっとした心地が気持ちよく感じますが、産後は免疫力が下がっています。

体調を壊さないように気をつけて下さい。長時間の使用は避けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

帝王切開後の傷口は、年月がたつごとに目立たなくなります。一人目が帝王切開の出産であっても、次回の出産時に自然分娩を希望し、安全基準をみたしていれば、2人目以降の自然分娩が可能な場合があります。

帝王切開後は、無理をせず、体調が回復するまでゆっくり過ごして下さい。退院後も無理をすることがないように。

産後しばらくたっても傷口が痛む場合は、早めに医師に相談し、対処してもらいましょう。

↓ こちらの記事も読まれています ↓

※注目記事 ▶ 妊娠線を防ぐには皮膚の柔軟性と●●まで保湿するのが秘訣!その●●とは?! 

※関連記事 ▶ 麻酔って危険?!帝王切開で気になる8つのリスクとは?

※関連記事 ▶ 高齢出産の定義とは?リスクや障害など4つの重要点まとめ

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、11歳の娘、8歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!