1. TOP
  2. 赤ちゃんの心配事
  3. 早産の原因と週数~未熟児に起こりやすい4つの障害とは?~

スポンサーリンク

早産の原因と週数~未熟児に起こりやすい4つの障害とは?~

 2015/12/13 赤ちゃんの心配事
この記事は約 4 分で読めます。

スポンサーリンク

早産とは?その原因と具体的な週数は?

電子カルテを操作する医師

早産とは、妊娠22週0日から妊娠36週6日の間に産まれてしまう出産です。

通常正期産と言われる妊娠37週0日から41週6日の間に、産まれる赤ちゃんは、早産として扱われることはありません。

22週目以前の出産については、流産と呼ばれ早産とは区別されます。流産の場合は、赤ちゃん側に何らかの問題があり起こることですが、早産は、母体が原因であることが多いです。

考えられる原因は、体質や感染症・母体にかかるストレス・妊娠高血圧症・前置胎盤・常位胎盤早期剥離・胎児機能不全・子宮の奇形等です。

これらの原因により、子宮内で赤ちゃんが成長することができない状態になることにより早産になります。

出生体重が2000g未満で産まれてしまった場合、新生児集中治療室(NICU)での治療が必須となり、小さな命を救う為に新生児科医が診察しています。

早産の影響による赤ちゃんへの障害は?

カルテと医師

早産で産まれてしまった赤ちゃんは、「低出生体重児」と言われます。出産時の体重により呼び名が違います。

妊娠28週以前の出産で、体重1000g未満の赤ちゃんは、「超低出生体重児」・妊娠30週未満で、体重1500g未満の赤ちゃんを「極低出生体重児」妊娠36週未満、体重2500g未満の赤ちゃんを「低出生体重児」と言います。

赤ちゃんが2000g以上あれば、ほとんどのケースで障害が残ることなく、通常の赤ちゃんと同様に育つことが出来ます。

しかし2000g以下の赤ちゃんは、まだ身体のさまざまな機能が未熟であるがまま産まれてきてしまったので、免疫力が弱く、感染症にかかりやすい・合併症を引き起こしやすい等の問題があるので、要注意です。

ちなみに、自閉症との関連性を気にされる方も多いようですが、実際には自閉症は出産時の母親・父親の年齢や遺伝的要素との関係性の方が強く、早産との関係性については薄いようです。

では、下記にて未熟児にみられる具体的な障害・病気を見てみましょう。

未熟児動脈管開存症

未熟児に多い「未熟児動脈管開存症」は、出生後も動脈管が閉鎖せず、開き続けている状態です。合併症として、呼吸状態が悪化したり、肺出血や心不全を起こすことがあります。

ある程度の体重になるまで待ってから、手術をして治るケースもあります。

新生児黄疸

新生児黄疸は、血液中のビリルビンと言われる色素が増え、皮膚や粘膜が黄色くなってしまうことを言います。

低出生時体重児は、肝機能が未熟な為、核黄疸を引き起こしやすく、長引いてしまう傾向があります。核黄疸は、脳性麻痺の原因になるので、血液中のビリルビンを減少させる光線療法を行います。

※参考記事:生後すぐの赤ちゃんが新生児黄疸に!原因は?基礎知識まとめ

未熟児網膜症

目の機能が発達不十分の為、網膜の血管が異常に増殖し、網膜はく離等の視力障害を起こす可能性があります。

最悪は失明の可能性もある為、十分な経過観察が必要となります。最新の医療では、硝子体手術が行われ、視力障害を防ぎます。

呼吸窮迫症候群

肺の機能が不十分の為、肺胞がつぶれてしまい、呼吸をする為の酸素を十分に取り込むことができない呼吸器疾患の病気です。

症状は、呼吸が速くなったり、呼吸が一時的に止まってしまう無呼吸発作を起こしたりします。肺に管を入れ人工呼吸器で呼吸補助を行う治療を行います。

これら以外にも、低出生体重児は、気管支炎・肺炎・喘息等の病気やアレルギーを引き起こしやすく、かかってしまった場合重度になることがあります。

早産にならないように、ママが気をつけること

妊娠中は、絶対に無理をせず、疲れやストレスを溜めないように過ごしましょう。毎回の定期的な健診は必ず受けることが大切です。

医師から早産になりやすいと診断された場合は、速やかに早産予防対策をしましょう。

万が一早産になってしまったとしても、気を落としてはいけません。赤ちゃんは、早く大きくなろうと小さい身体で頑張っています。

新生児が後遺症の障害を併発することなく、元気に成長できるように、医師の指示に従い、ママやパパ、家族みんなで赤ちゃんを見守りましょう。

関連記事

>>妊娠中期から要注意!早産の兆候と5つの予防法とは?

>>妊娠中は要注意?妊婦のヘアカラー・パーマと赤ちゃんへの影響

>>流産の危険性を増やす?!やってはいけないNG行動9選

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

かもめ

かもめ

30代前半の主婦 元美容部員 2015年8月に男の子を出産しました!

日本の育ママさんを元気に!「いつまでも可愛く!」を応援します(^-^)