1. TOP
  2. 生活
  3. 後悔しないベビーベッドの選び方!サイズや種類は?

スポンサーリンク

後悔しないベビーベッドの選び方!サイズや種類は?

 2016/01/09 生活
この記事は約 5 分で読めます。

スポンサーリンク

ベビーベッドのサイズの選び方とは?

ベビーベッド

ベビーベッドの種類には、「ミニサイズ」と言われるコンパクト型と「スタンダードサイズ」(通常)の2種類があります。

ミニサイズの寸法は、90cm×60cmのものになります。使用期間は子供の成長にもよりますが、生後半年~1歳くらいまでと短いでしょう。

使用する期間を出来るだけ長く使いたい方は、スタンダードサイズをおススメしますが、最近はこのミニサイズを購入されるお客さんが増えています。

その背景には、ベビーベッドを置く十分なスペースが確保できない等の部屋の問題で、場所を余計にとられずに済むということ。そして月齢3ヶ月以降に、添い寝をして寝たいとしている方がいる為です。

スタンダードサイズはどうでしょう?

スタンダードサイズは、120cm×70cmのタイプで、新生児から24ヶ月くらいまでと、長期で使用することが可能です。
メリットはやはり、ゆったり広々と使用でき、赤ちゃんが寝返りをすることができる点でしょう。

ベビーベットの種類どんなものがある?選び方4つのポイント

サイズに加えて、いろいろなタイプのベビーベットがあります。

せっかく購入したのに、使わなかったという声が多数ありますが、それではもったいないですね!ベビーベッドの種類を熟知した上で、実際に目で見て、選びましょう。

1.持ち運び可能な簡易型ベビーベッド

持ち運べるベビーベッド
出典:http://item.rakuten.co.jp/

ソファーやプレイルームにも変身するメッシュ素材の簡易ベッド。使用しない時は、コンパクトにたたむことができて、水洗いもOK。

場所もあまりとらないので、とっても便利です。

2.添い寝が出来るベビーベッド

添い寝が出来るベビーベッド
出典:http://www.o-baby.net/

ベッドの横にベビーベッドをおいて、添い寝ができるタイプです。ベッドの高さが調節でき、両側の柵の取り外しが可能なタイプ。

キャスター付きで、室内の移動ができるベッドやコンパクトに折りたたみができるもの等の機能がついたベッドがあります。

添い寝が出来るベッドは、赤ちゃんに安心感を与え、夜中の授乳時やオムツ換えがラクにできます。

3.大きくなっても使える!ジュニアタイプベビーベッド

ジュニアベビーベッド
出典:http://item.rakuten.co.jp/

赤ちゃん期の頃だけでなく、大きくなってもそのまま使えるベッドに変身できるタイプです。

ベビー用ベッドが必要なくなった時は、枠を組み替えて、付属のパーツを組み合わせるだけで、ジュニア用のベッドに早変わり。
面倒な作業がなく、とっても簡単です。

4.多機能ベビーベッド

多機能ベビーベッド
出典:http://www.bellemaison.jp/

赤ちゃんの成長に合わせて床板(上・中・下)と3段階の調節が可能。

成長してベッドとしての必要性がなくなった時は、インテリアの収納ラックとして使用できるタイプです。また、サークルとしても使用できるので、室内でペットを飼っている方にも大変便利です。

多機能なミニサイズベビーベッド4way

4wayベビーベッド
出典:http://e-woodcraft.com/

多機能ベッドでもう1つご紹介します。

こちらもベッドの下にオムツ用品や授乳用品などが収納できるベッド。

とってもコンパクトで可愛いベッドが、キッズデスクに変身し、お絵かき・お勉強ができるように工夫されています。

多機能ベビーベッド4way

他にも収納棚にもなるので、長く使用できます。

①ベビーベッド、②キッズデスク、③ベビーサークル、④収納用ラックと4wayで使えるので、卒業後に邪魔になることなく使い続けられるのでおすすめです。

ベビーベッドを選ぶ上での心得

かわいいお子さんを迎える準備の一つに、ベッドはとっても重要ですね。サイズから種類まで様々なものが販売されていますので用途に合わせて選んでいくことになります。

ただ種類が多いのでどのタイプのベッドを選べば良いか悩みどころだったりします。

今は、3way、4wayと形が変化するベビーベッドがあり、ベッドとしての使用目的だけでなく、お子様が成長した後のことも考えた作りになっているものが多数あります。

最後に2つの心得にまとめます。

1.生活スペースやライフスタイルにあわせたベビーベッド選びをすること

2.子供が大きくなった時のことをイメージして選ぶこと

これが後悔しないベット選びができるポイントだと思います。

迷ってしまって決められない!という方は、ベビーベッドレンタルの専門店からはじめの2~3ヶ月の期間をレンタルし、使い勝手を確かめてみるのも良い方法だと思います。

お安いものではないので、よく考えてから購入するようにしましょう。

関連記事

>>ベビーベッドはいつまで使える?卒業後の3つの活用術とは?

>>【リスト作成】これはマスト!臨月前までに出産準備をしよう!

>>おむつの収納ケースは100均グッズとアイデアで作れる!

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

かもめ

かもめ

30代前半の主婦 元美容部員 2015年8月に男の子を出産しました!

日本の育ママさんを元気に!「いつまでも可愛く!」を応援します(^-^)