1. TOP
  2. 赤ちゃんの心配事
  3. 要注意!赤ちゃんの食物アレルギーの症状と対処法まとめ

スポンサーリンク

要注意!赤ちゃんの食物アレルギーの症状と対処法まとめ

 2016/02/12 赤ちゃんの心配事
この記事は約 5 分で読めます。

スポンサーリンク

なぜアレルギーが出てしまうの?

カニを食べる女の子

アレルギーとは身体が異物の侵入を察知して、抵抗しようとする反応が過剰に出てしまう現象です。

特に赤ちゃんは消化器官が未発達なため、食べ物に含まれているタンパク質をうまく分解できず異物として身体が認識してしまうことが多いのです。

そうなると赤ちゃんの身体の中では異物を排除しようと攻撃を始めます。この攻撃の反応がアレルギーとして出るのです。

初めて子育てするお母さんに限らず、赤ちゃんの成長の速度は赤ちゃんによって違うため、離乳食を進める速度や量の加減は非常に難しいです。

一人目の時はこの時期に同じものを同じ量あげても大丈夫だったのに二人目の子はアレルギーが出てしまった!なんてことももちろんあります。

どんな食べ物からアレルギーは出てしまうの?

離乳食キット

アレルギーが出てしまう食品はその子によって違いますが、アレルギーが出やすい食品というものがあります。特に卵と牛乳と小麦はアレルギー反応が出ることが多いため”3大アレルゲン”と言われています。

他にもエビやカニなどの甲殻類やピーナッツ、蕎麦などをアレルギー反応が出やすい食材であるとして加工食品にはこれらの食材が原材料として含まれていること、含まれていなくとも同じ工場でこれらの食材を加工している場合には食品に表示をしなくてはならなくなっています。

これらの食材には特に注意が必要です。

また、離乳食を始める前の段階でもアレルギー反応が出てしまうこともあります。珍しいケースではありますが、お母さんの食事の中に含まれているアレルゲンを母乳経由で赤ちゃんが摂取することでアレルギー反応が出てしまうのです。

もし離乳食前の段階でアレルギー反応が出てしまうのであればお母さんの食事も気を付ける必要があります。

【注目記事】赤ちゃんの牛乳いつからOK?アレルギーの原因になる?

アレルギーの症状はどんな症状?

アレルギーの症状の9割は皮膚のかゆみや赤み、じんましんや湿疹などの症状です。他にも咳やくしゃみが多くなるような呼吸器の症状や、下痢や嘔吐など消化器系の症状が出ることがあります。一番怖いのは呼吸ができなくなったり意識がなくなってしまったりするアナフィラキシーショックと言われる症状です。

これは皮膚症状や呼吸器の症状などが一気にアレルギー反応として身体全体に出てしまう非常に危険な状態です。

症状別の対処法は?

アレルギーの症状が出たらどう対処してあげれば良いのでしょうか?症状別の対処法を見てみましょう!

皮膚のかゆみや赤み、じんましんや湿疹などの皮膚の症状

症状が出ている部分に保冷剤などをタオルで包んだもので適度に冷やしてあげましょう。数時間で症状は落ち着くはずです。

かゆみが完全になくなるまでは赤ちゃんが自身で掻きむしってしまうこともあるため、爪をこまめに切ってあげたり保湿クリームを塗ったりして肌の乾燥を防いであげましょう。

しかし、症状が落ち着かなかったり悪化したりする場合はかかりつけの病院に相談して診てもらってください。

呼吸器の症状や消化器系の症状

これらの症状がアレルギーの反応として出るのは少ないのでお医者さんも非常に気付きにくいですが、食事の後にこういった症状がしょっちゅう出る場合はアレルギーを疑って食事を見直す必要があります。

離乳食に何を何時に与えたか毎回記録を取って、その後の赤ちゃんの様子も一緒に記しておけば原因を早急に突き止めることができます。

アナフィラキシーショックを起こしてしまった場合

救急車の模型

アナフィラキシーショックは皮膚の湿疹や目や唇、口の中の腫れ、呼吸の乱れ、血圧低下などの症状が一気に出てひどい時は倒れて意識も失ってしまうような非常に危険な状態なのですぐに救急車を呼んでください。

救急車が来るまでは電話口の指示に従って適切な処置を行いましょう。

赤ちゃんは自分では何をいつ食べたのか、どういう気分なのかなどはお医者さんに話せません。アレルギー反応が出た場合は何を食べさせたときにどういった症状が出たのか。

また、皮膚の症状であれば写真などを撮っておくとお医者さんにも伝わりやすいと思います。どんな場合も適切な対処ができるように落ち着いて対応しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

アレルギーの原因は様々ですが、特に多いのが食べ物によって引き起こされるものです。

冒頭でも触れましたが、特に赤ちゃんの場合、消化器官がまだまだ未熟で、発達しきっていないために離乳食ですら、異物として身体が認識してしまうこともあるようです。

進め方や量の加減には慎重にならざるをえません。

特に、卵と牛乳と小麦についてはアレルギーが出やすいので、与えるときは特に注意が必要です。

万が一異変を感じた場合は、すぐにお医者さんに診てもらってください。アナフィラキシーショックを起こしている場合はすぐに救急車を呼ぶようにしてください。

【人気記事】なんで食べないの?子供のひどい偏食7つの原因とは?

【注目記事】赤ちゃんの牛乳いつからOK?アレルギーの原因になる?

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

ちょこ

ちょこ

3人の乳児の育児中のちょこと申します。ちなみに上が双子です。てんやわんやの毎日ですが楽しく過ごしてます。