1. TOP
  2. 子育て
  3. 子育てでイライラ!育児のストレスとうまく付き合う方法10選

スポンサーリンク

子育てでイライラ!育児のストレスとうまく付き合う方法10選

 2016/04/28 子育て
この記事は約 5 分で読めます。

スポンサーリンク

ストレスを感じるとどうなる?体内のメカニズム

筆圧の強い赤鉛筆で書かれたストレスという文字

体内でストレス反応を司る場所は、アドレナリン・ノルアドレナリン・コルチゾールという副賢皮質ホルモンです。

これらのホルモンは、注意力・学習力・言葉の選択・記憶力・知覚に有利なものであり、身体を活性化させます。しかし、分泌量が過剰になると、血液中に分泌され、体内にマイナスな悪影響を及ぼします。

強いストレスを感じることにより、ストレスホルモンが体内の血管を駆け巡り、心拍数や血圧の上昇・血糖値が上がる等の症状が現れます。

ストレスが身体に与える影響は?

ストレスが体に影響を及ぼしている

ストレスは万病の元。身体にどのような変化が起きるのでしょうか?

呼吸の乱れ・脈拍の乱れ・便秘・下痢・肩こり・頭痛・腰痛・肉体、精神疲労・不眠・胃もたれ・食欲不振・過食といった初期症状が現れます。

他にもにきびや肌あれといった女性にとっては、とても耐え難い症状が、皮膚に現れるかもしれません。

ストレスは、免疫機能にも影響を与える為、風邪や感染症にかかりやすくなるでしょう。

ここでなんらかの対策をとっていかないとストレスは、知らず知らずの間に進行し、うつ病・適応障害・パニック障害・過呼吸症候群といった精神的な病を引き起こす可能性があります。

自分一人で解決できない時は、抱え込まず「心療内科」へ通うことをオススメ致します。

ストレスとうまく付き合おう!解消法10

子育てで過度のストレスを抱え、イライラ・・・ そんなママさんも多いと思いますが、頭を抱える前にまずは行動に移してみましょう。

心にたまったモヤモヤは、はじめの一歩を踏み出すことによって快方に向かいます。具体的な行動によってのみ未来は変えられます。

以下、日常に溢れるストレスと上手く付き合う方法を10つご紹介します。ご参考にしてみてください。

① 瞑想する

海辺で瞑想する女性

ストレスを感じた時にふっと行ってみて下さい。一度頭の中をリセットしてから、新たに考えるようにしましょう。不安が和らぎ、気持ちにゆとりができます。

②頑張り過ぎない

他人にまかせられる部分は、他人にまかせて、少しは肩の力をぬいてみましょう。頑張らなくてもいいんだ!と心の逃げ道を作りましょう。あせって結果を求めても、ストレスを感じている時は余計に悪くなるだけです。

③ 有酸素運動をする

ジョギング

悩んだらとにかく運動!身体を動かすことは、ストレス発散につながり、将来に希望がもてたり、自分に自信がもてるといった効果があります。

④チョコをつまむ

チョコレート

イライラするな?なんて時には、チョコをつまんでみて下さい。チョコの原料カカオには、幸福感を高める働きがあり、リラックス作用があります。

⑤笑う

お笑い番組を見る、何かおかしなことを考える、飲み会、カラオケ、なんでも良し! とにかく笑える環境の中に身をおいてみましょう。「笑う門には福来る」神妙な顔をしていると、どんどん福が逃げていきます。 鏡の前で笑顔を作ってみましょう。

⑥お風呂につかる

リラックスできるお風呂の温度は40度程度。1日の疲れを風呂に浸かりながら、洗い流しましょう。ストレス解消の秘訣は、湯船に10分以上、長く浸かることです。

⑦ アロマを使用する

アロマ

明るすぎないほのかな照明の中で、アロマをたいて神経を落ち着かせましょう。 一番人気は、ラベンダーの香りですが、マンダリンオレンジやジャスミンの香りもストレスケアには良い効果を発揮します!ヒトは、好きな香りに包まれていると心が穏やかになります。

⑧大人塗り絵をする

大人塗り絵

最近世界中でブームの大人塗り絵。始めてみると以外とはまり、塗り絵で自分が表現できるという楽しみがあります。ぬればぬるほど、どんどん自分の世界に。科学的にセラピー効果が立証されています。

⑨おしゃべり

ストレスを発散するには、とにかくしゃべることです。愚痴でなくても良いのです。気心のしれている友人とあって、たわいもないおしゃべりをするだけで、気持ちがラクになります。

⑩睡眠をとる

考えごとをしていると余計寝れなくなりますが、ストレスを感じている時こそ、思いっきり睡眠をとると良いのです。睡眠の質を高めるように、食生活や生活習慣を整えましょう。

自分にあったリラクゼーションで、心と身体をイキイキと

爽やかな外の空気を吸う女性

過剰なストレスは身体によくありませんが、ちょっとしたストレスは、身体を活性化させるのに良いことがわかりました。

最近ちょっとしんどいな?と感じた時は、我慢せずに思うがままに生きてみましょう。

立ち止まって少し考える期間も必要です。

これからもストレスとうまく付き合いながら、現代社会を乗り切っていきましょうね。

【注目記事】育児のストレスを解消して明るい家庭を築く6つの方法!

【人気記事】育ママ必見!育児ストレスによる肌荒れ予防3つのポイント

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

かわいくママの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいくママの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

チッヒーママ

チッヒーママ

はじめまして、チッヒーママと申します。ママライターとして、妊娠・出産・美容関連の記事を掲載しています。
ダイビング・野球・熱帯魚オタク、多数の趣味をもつ夫と、11歳の娘、8歳の息子と私の4人家族♪ 仕事の傍ら、育児・家事に奮闘中です。よろしくお願いします!